ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 地域の農林水産振興 > エコ農業推進室 > 牛ふん堆肥中に残留したクロピラリドが原因と疑われる園芸作物等の生育障害について

ここから本文です。

更新日:2017年8月8日

牛ふん堆肥中に残留したクロピラリドが原因と疑われる園芸作物等の生育障害について

1.クロピラリドによる生育障害

 ここ数年,全国各地でクロピラリドが原因と疑われる作物の生育障害の発生事例が報告されています。
 クロピラリドとは,国内では使用されていないホルモン型除草剤のことで,日本が粗飼料の大半を輸入している米国,豪州,カナダ等において,広葉雑草(クローバーなど)を枯らす除草剤として使用されています。
 クロピラリドは,家畜や人に対する毒性は極めて低く,また摂取しても時間が経てば,ほぼ全量が排泄されるため,飼料に残留していても,家畜や人の健康に影響を及ぼす心配はありません。
 しかし,トマト,ナス,大豆,スイートピー,マメ科牧草などの作物に,クロピラリドが残留した牛ふん堆肥等を与えた場合には,ごく低濃度でも生育に障害を引き起こす可能性があります(イネ科作物は耐性があるため,通常の施用量では稲,麦,とうもろこしやイネ科牧草の生産に障害を引き起こす心配はありません)。
 このため,クロピラリドが残留している可能性がある飼料を給与した家畜に由来する堆肥等を生産,販売,使用する際には,「牛ふんたい肥は,クロピラリドが含まれている可能性があるため,使用に当たっては作物の種類や施用量等に留意する必要がある」ことについて情報共有しましょう。

図 クロピラリド残留による生育障害発生までの過程

「クロピラリド使用」の矢印

外国産粗飼料

           矢印   タンカー 
外国産粗飼料                輸入

矢印 家畜      矢印   堆肥                      

            家畜に給与                堆肥化

 

矢印障害発生 吹き出し                                 

※ナス科,マメ科,キク科,セリ科などの作物

2.作物別のクロピラリドの耐性について

 

極弱 トマト,ダイズ,エダマメ,サヤエンドウ,ソラマメ,ヒマワリ,コスモス,アスター,スイートピー,クリムゾンクローバー
ニンジン,エンダイブ,トレビス,シュンギク,フキ,サヤインゲン,ピーマン,シシトウ,キク,ヒャクニチソウ

レタス類(注2),セルリー,パセリ,イタリアンパセリ,キュウリ,メロン,トウガン,ニガウリ,スイカ,ナス,バレイショ,ラッカセイ,アズキ,ササゲ,ソバ,オクラ,ゴボウ,モロヘイヤ,ツルムラサキ,ヒユナ,ミツバ,タバコ,ペチュニア,マリーゴールド,ベニバナ,ルピナス,オステオスペルマム
アブラナ科,ユリ科,アカザ科,シソ科,ナデシコ科,ヒルガオ科,バラ科
極強 イネ科

注1 品種により耐性評価のランクに変動があります。
注2 レタス類:結球レタス,サニーレタス,グリーンリーフ,ロメインレタス,チマサンチュ,サラダ菜,ステム
    レタス(出典「飼料及び堆肥に残留する除草剤の簡易判定法と被害軽減対策マニュアル」(独)農業・食品
        産業技術研究機構 平成21年3月発行)

 

3.被害の防止方法等

 クロピラリドが残留している可能性がある牛ふん堆肥等は,耐性の弱い作物に与えないことが重要です。牛ふん堆肥を生産,販売,使用する方々は,下記チラシ等を活用し,注意喚起してください。

4.その他関連通知

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部産地振興課エコ農業推進

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3931

FAX番号:029-301-3939

<地域別問い合わせ先>
県北農林事務所 経営・普及部門
TEL:0294-80-3340
FAX:0294-80-3348

常陸大宮地域農業改良普及センター
TEL:0295-53-0116
FAX:0295-53-1077

県央農林事務所 経営・普及部門
TEL:029-227-1521
FAX:029-225-0955

笠間地域農業改良普及センター
TEL:0296-72-0701
FAX:0296-72-2718

鹿行農林事務所 経営・普及部門
TEL:0291-33-6193
FAX:0291-33-6725

行方地域農業改良普及センター
TEL:0299-72-0256
FAX:0299-72-1690

県南農林事務所 経営・普及部門
TEL:029-822-8517
FAX:029-822-7370

稲敷地域農業改良普及センター
TEL:029-892-2934
FAX:029-892-6684

つくば地域農業改良普及センター
TEL:029-836-1109
FAX:029-836-1816

県西農林事務所 経営・普及部門
TEL:0296-24-9206
FAX:0296-24-6979

結城地域農業改良普及センター
TEL:0296-48-0184
FAX:0296-48-2682

坂東地域農業改良普及センター
TEL:0297-34-2134
FAX:0297-34-3291

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?