ここから本文です。

更新日:2016年3月22日

一口メモ

肥料取締法に基づく「肥料の分類」

今回は品質・規格など肥料取締法に基づく「肥料の分類」についてメモしてみました。

「肥料取締法」に基づく分類

「肥料取締法」に基づく肥料の分類

定義

1肥料

  1. 植物の栄養に供することを目的として土地に施されるもの(一般的な肥料)
  2. 植物の栽培に資するため,土壌に化学的変化をもたらすことを目的として土地に施されるもの(石灰等)
  3. 植物の栄養に供することを目的として植物に施されるもの(葉面散布肥料)

2普通肥料

特殊肥料以外の肥料であって,汚泥肥料を除き有効成分について公的規格が設けられているもの

3特殊肥料

農林水産大臣が指定する肥料であって,有効成分について規定がないもの

4特定普通肥料

含有している成分である物質が植物に残留する性質からみて,施用方法によっては人畜に被害を生ずる恐れがある農作物が生産されるものとして政令で定める普通肥料

 

このページに関するお問い合わせ

農林水産部産地振興課エコ農業推進

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3931

FAX番号:029-301-3939

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?