ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 地域の農林水産振興 > いばらきのおすすめ品種

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

いばらきのおすすめ品種

03ばらきのおすすめ品種

【べにまさり】PRチラシ

茨城県内で一番栽培されているのはホクホクとした食感が特徴の「ベニアズマ」です。
近年、茨城県内で栽培面積が増えてきている、おすすめ品種は「べにまさり」です。
こちらはしっとりとした食感が特徴です。

「べにまさり」は平成13年に九州沖縄農業研究センターが育成した品種です。
茨城県では平成15年に準奨励品種に認定して、栽培を普及してきました。
平成21年には148haが作付されています。
 

【イモの見た目】

「ベニアズマ」にくらべて「べにまさり」は少し丸みを帯びて、コロンとした印象です。

ベニアズマ(左),べにまさり(右)

【蒸しイモの見た目】

掘り取り直後(秋頃)にそれぞれのイモを蒸した断面です。
ホクホクとした食感の「ベニアズマ」は,デンプンが詰まっている様子がわかります。
しっとりとした食感の「べにまさり」は,デンプンが糖化して色が濃くなっています。
 
 

ベニアズマ(左),べにまさり(右)

 

【甘さの違い:糖組成】

かんしょの甘さの元は,デンプンが加熱により酵素分解されて出来る麦芽糖です。
同じかんしょでも甘さには違いがあります。
「ベニアズマ」は麦芽糖に,さらにくせのない甘さのショ糖が含まれます。
「べにまさり」は麦芽糖,ショ糖にねっとりとした甘さの果糖,さわやかな甘さの
ブドウ糖が含まれています。
果糖は冷やすと甘さが増すので,焼き芋はもちろん,冷めても美味しくいただけます。

ベニアズマ(左),べにまさり(右)

甘味度:ショ糖の甘さを100とすると,麦芽糖35,果糖100,
ブドウ糖55となります。

 

べにまさりをお求めの際には…

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部産地振興課野菜対策

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3950

FAX番号:029-301-3939

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?