ホーム > 茨城で暮らす > 環境・自然 > 地球環境・温暖化防止関連 > 県民運動「いばらきエコスタイル」 > 令和2年度茨城県エコレシピコンテストの開催について

ここから本文です。

報道発表資料

更新日:2020年9月15日

【豪華賞品かくチャンス】茨城県エコレシピコンテスト まだまだ募集中です!

~ 募集締め切りは10月4日(日)です!ご応募はお早めに! ~

 

 茨城県では,家庭における地球温暖化対策の推進のため,省エネの観点を取り入れた「エコレシピ」のコンテストを開催いたします。

 

入賞作品には,クオカード2万円分(茨城県知事賞)など副賞を贈呈します。

皆さまのアイディア溢れるエコレシピのご応募をお待ちしております。

目的

おいしさと安全を損なわずにエネルギー消費量(二酸化炭素排出量)の削減に繋がる調理方法(適切な食材の調達・調理方法の工夫・調理くずの廃棄削減)の観点を取り入れた「エコレシピ」を県民から募集してコンテストを実施し,入賞レシピを普及啓発することで,多くの県民にとって毎日関わりのある「食事」の分野を通じた地球温暖化対策に係る県民意識の向上を図る。

エコレシピとは

このコンテストにおける「エコレシピ」とは,下図に示す食事のプロセスにおける「食材の調達」「調理」及び「調理くずの廃棄削減」において,省エネ等に配慮したレシピのことをいいます。

R2食事のプロセス

 

このコンテストにおける省エネ等のポイントは,次の3つです。調理画像
1.食材の調達

茨城県産の食材を使用することで,食材の運送に伴い排出される二酸化炭素量の削減に繋がっていること。

旬の食材を使うことで,食材の栽培等に伴い排出される二酸化炭素量の削減に繋がっていること。

2.調理 調理方法を工夫(火加減や加熱方法の工夫,まとめ調理など)することで,調理に伴い排出される二酸化炭素量の削減に繋っていること。

季節に合わせて味付け,盛り付け方などを工夫することで,季節を楽しみ,快適に過ごすのに役立つこと。

3.調理くずの廃棄削減 調理くずを減らすことで,焼却処分に伴い排出される二酸化炭素量の削減に繋がっていること。

上図に定めるエコレシピ以外のプロセス(収穫(例:栽培や収穫方法の工夫),輸送(例:売場の環境や店舗の在庫整理),食事(例:食べ残しの削減やリメイク),片付け(例:食器の洗い方の工夫),廃棄方法(例:生ごみコンポスト利用など))での省エネについては,本コンテストの審査対象外となります

コンテストの概要

募集対象

(1)学生の部

茨城県内に居住又は通学する,大学・専修学校の学生,又は高等学校の生徒の方

(2)一般の部

「(1)学生の部」の対象外の方で,茨城県内に居住又は通勤する方

応募要件・審査基準等について

応募要件

以下のすべての項目を満たしているレシピを募集します。(学生の部・一般の部共通)

  • 発表済みのものと同等ではない,オリジナル性をアピールできる内容であること。
  • 1種以上の茨城県産食材を主要な食材として活かしたレシピであること。
  • おいしさと安全を損なわずにエネルギー消費量(二酸化炭素排出量)を削減する調理方法を取り入れていること。
  • 単品であること。
  • 1作品あたり材料費が2,000円以内であること。分量については応募者が作りやすい分量とする。
  • 一般に茨城県民が入手しやすい食材・調味料を使用すること。(※商品名は記載しないこと。)
  • 調理器具は,一般に普及しているものを使用すること。

審査基準(加点項目)

以下に定める項目で,県が設置するエコレシピコンテスト審査委員会がエコレシピとして優れていると判断する省エネ方法を加点対象とします。

なお,具体的な省エネ方法については茨城県エコレシピガイドブック(令和2年6月5日版)(PDF:1,138KB)を参考にしてください。

(1)適切な食材の調達
  • 茨城県産の食材を使用することで,食材の運送に伴い排出される二酸化炭素量の削減に繋がっていること
  • 旬の食材を使うことで,食材の栽培等に伴い排出される二酸化炭素量の削減に繋がっていること
(2)調理方法の工夫
  • 火加減の工夫や加熱方法の工夫等により,省エネに資する工夫がされていること
  • 効率的な調理手順(まとめ調理や調理順の工夫等)により,調理中の洗い物の回数が減り,省エネに繋がっていること
  • その他の調理方法で,県が設置するエコレシピコンテスト審査委員会が認める省エネに資する工夫がされていること
(3)省エネ方法・料理の工夫
  • 新たな発想の省エネ方法や,従来の調理法と容易に組み合わせることができる省エネ方法など,省エネ方法にユニークさがあること
  • 季節に合わせて味付け,盛り付け方などを工夫することで,季節を楽しみ,快適に過ごすのに役立つこと
  • 食材の選び方や調理方法,味付け又は盛り付け方などが優れていること
(4)調理くずの廃棄削減
  • 調理くずを減らすことで,焼却処分に伴い排出される二酸化炭素量の削減に繋がっていること

募集期間及び応募方法

募集期間

令和2年6月22日(月)~令和2年10月4日(日)まで(必着)

応募方法

下記の専用Webページの応募フォームよりご応募ください。(令和2年6月22日(月)サイトオープン)

  • 茨城県エコレシピコンテスト専用Webページ(バナーをクリックしてください。)

エコレシピコンテストバナー(外部サイトへリンク)

※本コンテストに係る情報を掲載しております。
募書類のご提出,お問い合わせ等は上記Webページからお願いいたします。

※上記サイトを運営する「環境保全茨城県民会議」は本コンテストに係る事務局を茨城県から委託されている団体です。

入賞作品について

  • 入賞作品には,クオカード2万円分(茨城県知事賞)など副賞を贈呈します。

<賞の種類と副賞>※応募された方全員に参加賞もあります

賞の種類

受賞作品数 副賞

茨城県知事賞

学生の部1点

一般の部1点

クオカード2万円分

環境保全茨城県民会議議長賞

学生の部1点

一般の部1点

クオカード1万円分

優秀賞

学生の部 5点

一般の部 5点

クオカード5,000円分

  • 入賞作品は,茨城県エコレシピコンテスト専用Webページ(外部サイトへリンク)で公表いたします(令和2年12月上旬予定)。 (令和2年6月22日(月)サイトオープン)
  • 12月中旬に表彰式を予定しております。※新型コロナウイルス感染症等の状況を鑑みて開催を判断いたします。
  • 入賞レシピは,県のWebページやSNSの他,レシピカードにして,県内のスーパーの店頭で配布予定です。
  • 茨城県知事賞及び環境保全茨城県民会議議長賞受賞作品は,「茨城をたべよう」のクックパッド等で広報予定です。

「茨城をたべよう」についてはこちらのバナーから→茨城をたべようバナー(外部サイトへリンク)

関連資料等

  • 茨城県エコレシピコンテスト専用Webページ(令和2年6月22日(月)サイトオープン)

(バナーをクリックしてください。)

エコレシピコンテストバナー(外部サイトへリンク)

※本コンテストに係る情報を掲載しております。応募書類のご提出,お問い合わせ等は上記Webページからお願いいたします。

※上記サイトを運営する環境保全茨城県民会議は,本コンテストに係る事務局を茨城県から委託されている団体です。

実施機関

  • 主催:茨城県,環境保全茨城県民会議
  • 事務局:令和2年度茨城県エコレシピコンテスト事務局(環境保全茨城県民会議内)

令和2年度茨城県エコレシピコンテスト事務局

〒310-8555茨城県水戸市笠原町978番6県庁舎14F

電話:029-301-6118

FAX:029-301-2949

Email:info@ecodane.jp

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

県民生活環境部環境政策課地球温暖化対策

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2939

FAX番号:029-301-2949

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?