ここから本文です。

更新日:2018年10月11日

環境アドバイザー

環境アドバイザー制度の概要

目的

 

学校や公民館の環境講座、自治会や住民団体などが実施する環境学習会・観察会などに,環境アドバイザーを講師として派遣することにより、環境保全に関する知識の普及を図るなど,地域での環境学習活動を推進することを目的としています。

派遣対象となる講演会・学習会等

対象となる主催者

公民館、住民団体、自治会、学校、PTA、中小企業者

対象となる講演会・学習会等

  • 環境保全(地球環境、水環境)
  • 自然環境(観察会を含む)
  • 地球環境(ごみとリサイクル、省エネルギー・省資源)
  • 生活環境(環境と健康)
  • 環境教育(環境史、ワークショップ)

受講者数

20名以上が参加する講演会・学習会等を派遣対象とします。(観察会については15名以上)

学校・保育所・幼稚園は相談により対応

派遣回数

同一主催者に対する派遣は、年度内3回以内とします。

申請・報告の手続き

アドバイザー派遣のための申請

申請書(ワード:19KB)に必要事項を記入して、県(環境政策課)に申請して下さい。

アドバイザー派遣の決定通知

申請書を審査し、その採否と派遣するアドバイザー等を主催者に通知します。

実施報告

主催者は、講演会・学習会等を実施した日から10日以内に、報告書を県(環境政策課)に提出して下さい。

アドバイザーへの謝金など

謝金については、県が支給します。

環境アドバイザー制度の利用のしかた

1.申請

講演会の主催者は、実施2ヶ月前までに、申請書を環境政策課に提出します。

2.調整

環境政策課から環境アドバイザーに日程調整、講演依頼をします。

3.通知

環境政策課で申請書を審査し、派遣の可決について主催者(申請者)に通知します。

4.実施

環境アドバイザーが出向き、講演会等を行います。

5.報告

主催者は、講演会等の終了後10日以内に、実施報告書を環境政策課に提出します。

6.謝金の支払い

報告書提出後、県が直接環境アドバイザーへの謝金等を支給します。

派遣申請

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

県民生活環境部環境政策課環境企画

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2933

FAX番号:029-301-2949

メールアドレス:kansei1@pref.ibaraki.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?