ここから本文です。

生物多様性から受ける恵み

生態系サービスとは

生態系とは、植物が太陽の光を利用し、光合成によって作り出す炭水化物を基盤として機能するシステムです。食物連鎖の例

これら植物(生産者)を栄養源とする動物(第一次消費者)がおり、さらにその動物を栄養源とする動物(第二次および高次消費者)がいます。これらの動物は食う・食われるの関係によって食物連鎖を形成します。生態系は多様な生物からなるため、それらは複雑につながり合った食物網を作ります。

光合成などによって大気から取り込まれ、生物の体を作る炭素や窒素などの元素は、食物連鎖を通じて植物から動物へ、その動物から別の動物へと移り、そして最後は微生物などの分解者によって分解され、再び大気に戻ります。生態系を動かす源は太陽の光エネルギーであり、私たち人類も、このように循環する物質によって作られている数多くの生物の一つなのです。

生態系は長い時間をかけて出来上がったとても複雑なシステムですが、それ故に安定しており、多くの物質や機能を産み出します。生態系の一員である私たちは、そこから常に多大な恩恵を受け取っています。この恵みのことを“生態系サービス”と呼び、次の4つのタイプに分けられます。

生態系サービスの4つのタイプ

 

種内における遺伝的多様性基盤サービス

生物多様性とは

今生物多様性が危ない

外来生物の現状と対策