ここから本文です。

外来生物の現状と対策

外来種とは別の地域から持ち込まれた生物も外来生物といいます

外来種とは、たとえばカミツキガメのように、もともとその地域にいなかったのに、人間活動によって他の地域から入ってきた生物のことを指します。

同じ日本の中に住む生物でも、たとえばカブトムシのように、昔は本州以南にしか生息していなかった昆虫が北海道に入ってきた、というように日本国内のある地域から、もともといなかった地域に持ち込まれた場合にも、その地域にもとからいる生物に影響を与える場合があります。しかし,外来生物法では海外から入ってきた生物に焦点を絞り、人間の移動や物流が盛んになり始めた明治時代以降に導入されたものを中心に対応します。

海外起源の外来生物とは

シロツメクサ

外来種は意外と身近にたくさんいます。たとえば、四葉のクローバーでおなじみのシロツメクサは、牧草として外国からやってきました。また、金魚の水草でおなじみのホテイアオイや、アメリカザリガニなども外国起源の生物です。外国起源の外来種を外来生物といいます。

 

日本の野外に生息する外国起源の生物の数はわかっているだけでも約2000種にもなります。明治以降、人間の移動や物流が活発になり、多くの動物や植物がペットや展示用、食用、研究用に輸入されています。一方、荷物や乗り物などに紛れ込んだり、付着して持ち込まれたものも多くあります。これらは、意図的、非意図的の違いはありますが、人間の活動に伴って日本に入ってきたという点で共通しています。

 

アライグマ

捕獲されたアライグマ

 

外来種の中には、農作物や家畜、ペットのように、私たちの生活に欠かせない生物もたくさんいます。また、荷物にまぎれたりして非意図的にやってきた生物もたくさんいます。これらの生物が、何らかの理由で自然界に逃げ出した場合、多くは子孫を残すことができず、定着することができないと考えられています。しかし、中には子孫を残し、定着することができる生物もいます。

(当該ページは環境省ホームページ(https://www.env.go.jp/nature/intro/1outline/basic.html)を一部加工して作成しております。)

 

自然の再生トップページへ侵略的外来種とは

生物多様性とは

生物多様性から受ける恵み

今生物多様性が危ない