ホーム > 茨城で暮らす > 環境・自然 > 霞ケ浦 > 霞ヶ浦に係る湖沼水質保全計画(第7期)の策定について > 霞ヶ浦に係る湖沼水質保全計画(第6期)の策定について

ここから本文です。

更新日:2019年5月10日

霞ヶ浦に係る湖沼水質保全計画(第6期)の策定について

平成24年3月

県では,霞ヶ浦の水質保全を図るため,専門家等で構成する茨城県環境審議会霞ヶ浦専門部会
(部会長:須藤隆一・東北大学客員教授)で検討を重ね,6期目となる「霞ヶ浦に係る湖沼水質
保全計画」を策定しましたのでおしらせします。
なお,霞ヶ浦の水質浄化を進める上では,県民一人ひとりの取組が大変重要です。「泳げる霞
ヶ浦・遊べる河川」の実現に向け,皆様方のご理解・ご協力をよろしくお願いします。

計画策定の趣旨

湖沼水質保全特別措置法により,全国に11ある指定湖沼については,都道府県知事が湖沼水
質保全計画を策定することとなっています。
霞ヶ浦については,平成22年度で第5期計画の期間(5年間)が終了したことから,平成23
年度を初年度とする第6期計画を策定しました。


計画の概要

計画期間

平成23年度から平成27年度まで(5年間)

 

計画の基本方針


・下水道等や農業集落排水施設,合併処理浄化槽で生活排水の処理を行っている人口の割合
である「生活排水処理率」が,西浦流域では69.7%であるのに対し,北浦流域では50.5
%と低いなど,流域ごとに汚濁要因が異なることから,西浦・北浦ごとに目標を設定。
・湖内に流入する窒素・りん濃度も依然として高いことから,これまで以上に大幅な窒素・
りんの削減を推進。
・汚濁負荷が大きい河川の流域については,対策を特に重点的に推進。

 

水質目標


水域

目標値(H22現況→H27目標値)単位(mg/L)

COD

全窒素

全りん

西浦

8.2→7.3

1.3→1.1

0.090→0.088

北浦

9.1→7.6

1.6→0.99

0.13→0.096

全水域平均

8.7→7.4

1.3→1.0

0.10→0.084

主な対策

  1. 生活排水対策
    西浦は下水道の整備・接続促進を,北浦は浄化槽の整備を中心に実施し,流域全体の生活排
    水処理率を67.9%から79.6%に向上。
    ・西浦生活排水処理率:H22;69.7%→H27;80.6%(+10.9%)
    ・北浦生活排水処理率:H22;50.5%→H27;69.6%(+19.1%)
  2. 畜産対策
    ・家畜排せつ物をセメント工場での燃料・原料として活用するなど,農地以外での処理・利用
    を推進。
    ・農地以外での処理・利用を500tから3,100tへと約6倍に拡大。
  3. 農地対策
    ・環境に優しい農業に取り組むエコファーマーの認定促進などにより,化学肥料等の使用量削
    減を推進。
    ・エコファーマーの栽培面積を9,284haから24,000haへと約2.5倍に拡大。
  4. その他(流域住民等に対する意識啓発の推進,アオコの発生要因の究明及び対策等)

 水質概況

霞ヶ浦の平成27年度水質概況について(PDF:330KB)

霞ヶ浦の平成26年度水質概況について(PDF:274KB)

霞ヶ浦の平成25年度水質概況について(PDF:327KB)

霞ヶ浦の平成24年度水質概況について(PDF:215KB)

霞ヶ浦の平成23年度水質概況について(PDF:393KB)

計画本文・概要版

霞ヶ浦に係る湖沼水質保全計画(第6期)全文(PDF:400キロバイト)

霞ヶ浦に係る湖沼水質保全計画(第6期)概要版(PDF:132キロバイト)


 

ページのトップへ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

県民生活環境部環境対策課水環境室-霞ケ浦対策

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2968

FAX番号:029-301-2997

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?