ここから本文です。

更新日:2017年4月20日

愛鳥週間について

愛鳥週間は、毎年5月10日から16日の一週間で、「野鳥を大切にし、自然を守っていこう」という心の輪を広げるためにつくられた週間です。

私たちの住む地球の環境は、年々悪化していると言われておりますが、それは鳥にとっても同じことです。野鳥が自然の中でどのような生活をしているかを観察することで、鳥にとっての自然の大切さ、そして人間にとっての自然の大切さが見えてきます。

皆さんの身近なところにもきっと、いろいろな種類の鳥が見られると思いますので、身近にいる鳥を観察し、自然の大切さを再認識してみてはいかがでしょうか。

なお、みんなで野鳥を大切に守っていくために、人が野鳥と接する時には、いくつかの注意が必要です。一人ひとりが少しだけ気をつけることで簡単に野鳥の保護ができます。ぜひご協力をお願いします。

野鳥の捕獲・飼養について

野鳥を無断で捕まえたり飼ったりすることは、原則として、法律で禁止されています。野外で自然のままの姿を、鳥を驚かさないように注意しながら静かに観察するようにしましょう。

ヒナを拾わないで!

春になると、巣立ちしたばかりのヒナがうまく飛べずに、地面を歩いているのを見かけることがあります。しかし、近くに姿が見えなくても、親は必ずヒナのもとへ戻って世話をします。逆に、人がヒナのそばにいると、親鳥が近寄れなくなってしまいますので、拾ったりせず、そのままそっとしておきましょう。

つり糸(テグス)をすてないで!

近年、海岸や河岸などに放置されたつり糸で、数多くの野鳥が傷つき、命を奪われています。つりをする際には、マナーを守ってつり糸やつり針などを持ち帰るようにしましょう。

このページに関するお問い合わせ

県民生活環境部自然環境課自然・鳥獣保護管理

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2946

FAX番号:029-301-2948

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?