ホーム > 茨城県の各部局の業務案内 > 商工労働観光部 > 本庁 > 中小企業課 > 「平成28年度サービス産業生産性向上セミナー」を開催します!

ここから本文です。

更新日:2016年9月22日

「平成28年度サービス産業生産性向上セミナー」を開催します!

茨城県では、サービス工学を研究する筑波大学大学院及び産業技術総合研究所と連携して、これらの機関が有する科学的・工学的手法(※)を活用した生産性向上の取り組みを実施しております。

この取り組みの一環として、「平成28年度サービス産業生産性向上セミナー」を開催いたします。

 

セミナーでは、IT技術等を活用して現場のあらゆる情報を収集・分析することで、質の高いサービスを効率的に提供することを目指す「サービス工学」の考え方や、サービス工学を活用した具体的な経営改善のノウハウについて紹介したほか、モデル事業者として、生産性や付加価値の向上に向けて取り組む3事業者の取り組み紹介や成果発表も実施いたします。

「ITを活用して従業員の負担を減らしたい、接客サービスの質を高めたい」といった問題意識を抱えているサービス事業者の皆様をはじめ、商工団体や金融機関など支援機関の皆様、奮ってご参加ください。

 

(※)「科学的・工学的手法」とは:サービス現場におけるデータ(購買履歴、従業員の配置状況等)を収集し、データ解析によりモデル化(図式化・数式化)して確率的予測やシミュレーションを行うことにより、効果的な販促活動や人員配置等を実現するための手法。

 

 

セミナー概要  広報用チラシ(PDF:485KB)

◇日時平成28年10月3日(月)午後1時30分から午後4時30分まで(受付:午後1時00分から)

◇場所文部科学省研究交流センター(つくば市竹園2-20-5)

※会場案内図は、広報用チラシ(PDF)参照

◇対象者中小サービス事業者、支援機関(商工団体、金融機関等)等

◇内容(プログラム)

○サービス工学の概要説明

・説明者:筑波大学大学院システム情報工学研究科サービス工学学位プログラムリーダー

吉瀬章子

 

○モデル事業者による取り組み紹介・成果発表

・説明者:「平成27年度サービス産業生産性・付加価値向上促進事業」モデル事業者

(株式会社小野写真館、coco de class株式会社、有限会社リカーショップスドウ)

 

○基調講演サービス工学を活用した先進事例の紹介~

・講師:株式会社フランチャイズアドバンテージ表取締役社長雅美

 

○パネルディスカッションサービス工学で現場改善を実現するために~

・パネリスト:筑波大学大学院瀬教授、講演者、モデル事業者

・コーディネーター:産業技術総合研究所 本村

 

◇参加費無料

◇定員150名(先着順)

◇申込方法FAX又はEメールにてお申し込みください。

※申込方法の詳細は、広報用チラシをご参照ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

商工労働観光部中小企業課商業

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3550

FAX番号:029-301-3569

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?