ホーム > 茨城県の各部局の業務案内 > 商工労働観光部 > 本庁 > 中小企業課 > つくば国際貨物ターミナル株式会社の解散について

ここから本文です。

更新日:2016年3月24日

つくば国際貨物ターミナル株式会社の解散について

 県の第三セクターであるつくば国際貨物ターミナル(株)(以下「TICT」という。)については,平成25年3月25日(月曜日)開催の臨時株主総会において,下記のとおり解散することが決まりましたので,お知らせいたします。


 

1.解散日 平成25年3月31日
2.解散手法 通常清算(債務超過となっていないため,一般的な解散手続きとなる。)
3.清算人 上野善孝(うえのよしたか)…TICT代表取締役専務
 また,清算事務を遂行するため,植崎明夫弁護士に顧問を依頼する。
4.経 緯

  • 平成4年5月の設立時より,県内の国際物流業務の効率化・高度化に貢献してきたが,通関業務の規制緩和に伴い三セクとしての役割が低下するとともに,東日本大震災等に伴う物流動向の変化により取扱貨物量が減少。
  •  TICTの取締役や株主などから,「役割は終わった」,「早期に清算すべき」などの意見を踏まえ,清算を含め抜本的な見直しを行った結果,10月22日の臨時株主総会において,平成25年3月31日で事業廃止する旨を決議。

(主な経緯)

平成24年6月25日

 第20期定時株主総会において,「TICTについては,清算を含め法人のあり方について抜本的な見直しを検討する。」旨を説明。

10月22日

TICT臨時株主総会において,「平成25年3月31日をもって事業廃止する」旨が決議。

12月3日

TICT事業廃止決定に伴い,施設については,土地所有者である県と建物所有者である茨城県開発公社が共同で売却の公募を実施。(~12月13日)

12月25日

施設売却先決定。(売却先:みなと運送(株))

平成25年3月25日

TICT臨時株主総会開催,以下について決議。

1.TICTを平成25年3月31日付で解散
2.清算人及び清算人報酬の選定

 

 

5.会社清算までのスケジュール

平成25年4月中旬

官報公告(内容:会社解散,債権申出の催告)

5月中旬

株式総会(内容:平成24年度決算確定)

7月上旬

残余財産確定(配当できる財産がある場合は,株式持ち分に応じて株主に配当)

8月上旬

株主総会(内容:清算結了)

8月中旬

会社清算登記



【参考:TICT概要】

住所

茨城県つくば市谷田部字長堀4459番12

設立

平成4年5月7日

設立目的

内陸における通関機能を有する施設(インランド・デポ)として,県内企業の国際物流業務の効率化に資することを目的とする。

出資金

2億8千2百万円

出資者

茨城県(出資比率:21.3%),(財)茨城県開発公社(出資比率:10.6%),つくば市(出資比率:7.1%),他24機関

事業内容

1. ターミナル施設内での輸出入貨物の荷捌,仕分,梱包及び保管業務
2. 輸出入貨物のターミナル施設と成田空港,東京・横浜港等間の保税運送業務
3. 流通加工・在庫管理業務
 
解散のご挨拶

つくば国際貨物ターミナル株式会社
代表取締役社長 横山 仁一


 つくば国際貨物ターミナル株式会社は,平成25年3月25日の株主総会の決議により,平成25年3月31日をもって解散することとなりました。
 平成4年の創立以来,弊社は,インランド・デポ(内陸通関拠点)のメリットを活用した国際貨物サービスを提供する第三セクターとして,二十有余年営業を続けてまいりましたが,今般の通関業務の規制緩和等に伴う国際貨物サービスの官から民への潮流を鑑み,第三セクターの役割は十分に果たしたものと判断し,幕を閉じることといたしました。
 荷主様,フォワーダー様ほか各お取引先の皆様方には,長い間ご愛顧を賜りましたこと心より感謝申し上げます。
 なお,弊社の施設につきましては,下記の「みなと運送株式会社」が引き継ぐこととなりますので,よろしくお願い申し上げます。

みなと運送株式会社
代表取締役 山本 勇
〒314-0112 神栖市知手中央十丁目7番43号
電話番号0299-96-1151

このページに関するお問い合わせ

商工労働観光部中小企業課商業

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3550

FAX番号:029-301-3569

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?