ここから本文です。

更新日:2021年1月12日

新型コロナウイルス感染症等に係る知事記者会見(2021/1/12)の発表内容

知事からの発表内容

感染防止対策の拡充等について 

 前回の発表から12日までを区切って営業時間の自粛をお願いしておったわけでございますが、今日の感染状況の結果を踏まえて、明日以降、25の市町村に対して飲食店の営業時間の短縮を要請したいと思います。追加になったのは、常陸太田市、高萩市、筑西市、つくばみらい市、大洗町、東海村、境町の7つの市町村です。笠間市と城里町については本日をもって営業時間短縮要請を解除するということでございますが、先ほどの7市町村を追加して、現在の25市町村が営業時間短縮要請の対象になります。

 明日から20日までの8日間で、全ての飲食店に対して、午後8時から午前5時までの営業の自粛をお願いしたいと思います。20日までということでは、県内全域に不要不急の外出自粛の要請をさせていただいております。1月20日まで県内全域における不要不急の外出自粛の要請と、感染拡大が進んでいる25の市町村における飲食店の営業時間短縮要請も20日までを期限として再度要請をお願いして、20日に状況を踏まえて、21日以降の対応を発表したいと思います。

 なお、県内全域における不要不急の外出自粛、政府の緊急事態宣言が特に8時以降の外出自粛ということで、逆に8時までは外出していいのだという誤解を招いているという報道もございますが、茨城県においての不要不急の外出自粛は、時間帯にとどまらず、できるだけ人との接触を減らすような努力をお願いしたいと思います。

営業時間短縮要請について

 営業時間短縮要請は、1店舗当たり8日間で32万円ということでございますので、詳細はサイト等でご確認いただければと思います。

本県の感染状況等について

 県内の感染状況でございますが、赤の1万人当たり2.5人以上、それから黄色の1.5人以上ということで、県内の重立ったところには既に感染拡大地域の対象になってしまっているという状況でございます。非常に危機感を持っております。

 この1週間、1月11日までの感染者が急激に増えてきておりまして、最初にページにございましたように、2.42倍に拡大しているということで、急速なスピードで感染拡大が広がっていることがこの図からも明らかでございます。

 医療提供体制も、現在、500床を目指して拡大中でございますが、病床全体の稼働率、それから、重症病床についても非常に高い稼働率を示しているということでございます。

 全体の病床稼働率は、今、50%を超えているわけですが、500床を前提とした体制で60%を超えてくる場合には、我々としても、茨城県を緊急事態宣言の対象として認めていただけるよう、政府に対する要請を検討しなければならないと考えております。

県民の皆様へのお願い

 今までのように県民の皆様にお願いしたいのは、マスクのないシーンを可能な限りなくしてほしいということでございます。飲食のお店に対して営業の自粛を要請しておりますが、飲食だけではなく、ご自宅でも、ホームパーティなどをして、一緒に生活をともにしていない方々との会食などをしてしまうと、マスクを外している際に感染が広がるというケースがあります。

それから、飲食店以外には、カラオケ、ライブハウス、こういうところでクラスターが発生した事例もございます。

 職場でも、喫煙室や休憩室、あるいは自動車の中で感染が広がっているという事例もございますので、是非こういうシーンをなくしていただきたいと思います。

 また、当然、前提として外出自粛要請をさせていただいておりますので、そもそも、なるべく人と接する機会を減らしていただきたいということでございます。

人口1万人当たり1週間の新規陽性者数について

 1万人当たりの1週間の新規陽性者数も非常に拡大をしておりまして、近隣県と比べても、北海道を抜いて群馬に迫る勢いになっております。関東圏の中ではまだ比較的少ない方だとはいえ、この増え方は大変な危機感を持つべきものだと考えております。

感染症対策の徹底について

 感染対策等の徹底についてでございますが、先ほどのマスクということ以外に、緊急事態宣言が発令されている1都3県、今後、関西なども追加されるかもしれませんが、1都3県については往来の自粛をお願いします。

 それから、直近1週間で10万人当たり15人を超える都道府県も、現在、数が増えていまして(1都3県のほか)21道府県に上るわけでございまして、こちらに対する移動についても、できれば自粛してほしいのですが、感染対策を徹底するなどして注意をしていただきたいと思います。

 また、会食における対策です。飲食店は、「いばらきアマビエちゃん」の登録店舗であることを確認して、かつ必ず利用登録をしていただくことをお願いします。お店の側にも、お客様に必ず利用登録をしてもらうことをきちんとお店として誘導してほしいと思います。いくら「いばらきアマビエちゃん」の登録をしましたという貼り紙を貼っておいていただいても、お客様がそれを利用登録しなければ全く意味のないものになってしまいますので、お店側としても、是非ここについては、自らお店側として感染拡大防止のために強く勧めていただく。登録していただけない場合には、連絡先を記録していただく。そういうこともお願いしたいと思います。

 家庭での感染も広がっておりますし、職場でも感染が広がる事態が見られていますので、できれば、県内の企業の皆様、可能な限り、出勤の社員・職員の数を減らしていただきたい。テレワークを再度徹底していただきたいとお願いしたいと思います。

 差別の禁止は、言うまでもございませんが、絶対にやめていただきたいと思います。

 現在、コロナNextのステージにおきましても、県内の感染状況も全てStage4にまで悪化しております。医療の提供体制も、病床稼働率全体については週平均47.7%ということで、Stage3になっております。ということで、県内全体の対策指針もStage3からStage4に限りなく近づいてきていると言えるかと思います。

 こういう状況の中で、是非しっかりと対策を進めて、皆様のご協力のもとに対策を進めていきたいと思いますので、何とぞご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 こちらは、営業時間短縮に対する協力金の支給の額の詳細ということでございます。

 私の方からは、以上です。

問い合せ先について

茨城県 営業時間短縮要請及び協力金問い合わせ窓口

TEL:029-301-5393

受付時間:9時から17時(当面,土日祝日を含む)

このページに関するお問い合わせ

総務部知事公室報道・広聴課報道

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2118

FAX番号:029-301-6330

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?