ここから本文です。

更新日:2021年4月26日

新型コロナウイルス感染症等に係る知事記者会見(2021/4/26)の発表内容

知事からの発表内容

感染拡大市町村の追加について

 本日は、県内でのコロナ感染の拡大に伴い、感染拡大市町村の追加の発表をさせていただきます。これまで、4月22日から5月5日までということで、6つの市町が感染拡大市町村ということで指定をさせていただいたわけでございますが、その後のさらなる感染の拡大状況を加味して、新たに9つの市町について、感染拡大市町村ということで指定をさせていただきます。

 具体的には、土浦市、石岡市、下妻市、常総市、潮来市、守谷市、筑西市、茨城町、五霞町の9つでございます。期間は29日から5月12日までの2週間ということでございます。

 現在、非常に感染の拡大が続いております。今後、ゴールデンウィークに向けて県外からの人の流れも非常に多くなってくるので、我々としては非常に危機感を持っております。今後さらに状況が悪化した場合は、国へのまん延防止等重点措置の適用申請ということを検討せざるを得ないと思っております。実は、もう本日も、国のまん延防止等重点措置の適用については、西村大臣に、直接、私の方から打診をさせていただきましたが、もう少し状況を見てほしいというお話でありましたので、もうしばらく状況を見ながら、また国と調整を続けていきたいと思います。

感染拡大市町村への要請内容について

 今回、感染拡大市町村に追加指定された9つの市町も含めて、感染拡大市町村については、要請事項は同じでございます。不要不急の外出自粛、それから、営業時間短縮の要請、全ての飲食店において午後8時から午前5時までの営業自粛と、酒類の提供は午後7時以降やめていただくということをお願いしたいと思います。

 会食を開催する場合は、同居家族以外では、いつも一緒にいらっしゃる4人以下での開催ということをお願いしたいと思います。

 また、出勤者数の削減ということで、企業の方、職場の感染も増えておりますから、テレワークの徹底を改めてお願いさせていただきます。

 また、イベントの開催についても、人数の制限、収容率の50%以下ということで開催をしていただければと思います。

大型連休における皆様へのお願い

 また、大型連休を迎えるに当たって、一番懸念されるのは、感染拡大が非常に厳しくなっている他県との往来についてでございます。ゴールデンウィーク中の他県との往来については極力控えていただくようにお願いしたいと思います。

 特に、他県の方、この週末も大変たくさんの首都圏ナンバーの方々が県内の観光地にいらっしゃっております。本県でも、現在、感染が拡大しておりますので、是非、大型連休中、茨城県に来ることは考え直していただきたい。もうちょっと感染状況がおさまってから、改めて茨城県内の観光を楽しんでいただければと思います。

 県民の皆さんも、どうぞ他の都道府県への往来を極力控えていただきますようお願いしたいと思います。

 お仕事においても、テレワークやウェブ会議などを活用して、外出の機会を減らしていただくということもお願いできればと思います。

 会食に関してでございますが、改めて、いつも一緒にいる4人までということで、食事中の会話を避け、感染が生じやすい場面でございますので、飲酒の有無に関わらず、マスクをしない状況での会話を避けるようにお願いできればと思います。

 特に、野外でも感染はしますので、野外での飲食でもマスクなしの会話というのを是非避けていただきたいと思いますし、いつもいる4人以外の方々との会食というのも避けていただきたいと思います。

 お店で飲食をする場合は、「いばらきアマビエちゃん」の登録店舗であることを確認ください。また、お店の方は、お客様が「いばらきアマビエちゃん」の利用登録を必ず行っているかどうか確認していただいて、行っていない場合は、是非利用登録をするようにお願いいただければと思います。

すべての県民の皆様へ

 また、自身や家族を守る行動として、いつも我々が申し上げています「マスクなし」をなくすということで、マスクを正しくつける。それから、手洗い・ソーシャルディスタンスなどなど、繰り返しでございますが、改めて申し述べさせていただきます。また、当然、差別の禁止というのも厳に慎んでいただければと思います。

営業時間短縮要請に係る協力金について

 営業時間短縮要請に係る協力金も前回と同様でございます。売上規模に応じて1日当たり2.5万円から7.5万円まで支給する予定でございます。協力金の申請受付は、5月早期に開始したいと思っております。

 水戸市、古河市、かすみがうら市、大洗町、城里町、阿見町、当初に指定させていただいた6つの市町については、週単位で状況を見ながら、延長も含めて再検討をするということになるかと思います。

本県の感染状況・病床稼働の概況について

 感染の状況ですが、陽性者数も前週比124%、経路不明者の比率も前週比110%、水戸市の陽性者が直近2週間で県内の新規陽性者の2割を占めると、非常に大きな感染拡大が水戸市を中心に広がっているという状況もわかってきております。

 病床稼働数も急速に増えてきておりまして、現在、410床の前提で病床を稼働させておりますが、もう180床に到達いたしました。185床超えでStage3でございますので、410床体制を、順次、600床体制に切り替えていきたいと考えております。重症病床も13床に増えておりますので、大変厳しい状況になりつつあると考えております。病床関係、医療提供体制、あるいは感染状況、ほぼ全てStage3になってきておりますので、このタイミングで皆様のご協力を得ながら、感染拡大を抑え込むことが非常に大切かと思います。

 県内の感染状況、ごらんいただきますと、1日平均当たり、前週が45.6人だったものが、4月19日以降は1日平均65人まで増えてきておりますし、経路不明者も1日平均20人から26人まで増えてきている状況で、グラフにするとこの感染の拡大のスピードがよくわかるのではないかなと思います。

 病床の稼働率もそれに伴いまして急激に増えてきております。特に、今後、重症病床が増える懸念もございますので、警戒を怠らずに対策を立てていく必要があるかと考えております。

 市町村別では、6つから15の数に増えてきたということでございます。

国の分科会による指標への当てはめ

 国の分科会による指標に当てはめますと、茨城県は、国のステージ表で言うと、この2つの病床使用率と10万人当たりの新規陽性者数でStageⅢの状況になってきております。今後さらにこの指標でも悪化していく懸念もございますので、県として独自の対策をしっかりと徹底していきたいと思っております。

緊急事態措置等の強化・緩和に関する判断指標について

 県のコロナNextでは病床稼働数以外はStage3ということで、現在のステージをStage2からStage3に引き上げたいと考えております。

 ということで、15の市町、引き続き、感染拡大のために、大変申しわけございませんが、外出自粛、さらには飲食店の営業時間短縮ということで、厳しい対応をお願いするわけでございますが、是非ご理解とご協力をお願いいたします。

 また、感染拡大市町村に指定されていない県内の県民の皆様も、どうぞここが正念場でございます。どの市町でも数こそ違いはあれ、感染者は出ておりますので、このゴールデンウィーク中に是非とも止めるということで、皆様の行動変容をお願いしたいと思います。

 私からは以上です。

問い合せ先について

茨城県 営業時間短縮要請及び協力金問い合わせ窓口

TEL:029-301-5393

受付時間:9時から17時(平日のみ)

このページに関するお問い合わせ

総務部知事公室報道・広聴課報道

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2118

FAX番号:029-301-6330

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?