ここから本文です。

更新日:2021年5月31日

新型コロナウイルス感染症等に係る知事記者会見(2021/5/31)の発表内容

知事からの発表内容

 月曜日でございますので、これまで1週間の状況を踏まえて、感染拡大市町村等の追加、あるいは解除についてのご報告でございます。

 今回は、追加が4市村です。坂東市、桜川市、神栖市、美浦村になります。期限は6月3日から6月16日までということになります。延長は、大洗町と利根町の2町でございます。これは6月9日まで延長ということになります。一方、解除が全部で12市町村ということでございまして、土浦市、下妻市、常陸太田市、笠間市、牛久市、筑西市、かすみがうら市、鉾田市、小美玉市、東海村、阿見町、八千代町ということでございます。龍ケ崎市、常総市、北茨城市は、引き続き、6月9日まで継続ということでございますので、この結果、6月3日以降、合計で言いますと、9つの市町村が感染拡大市町村に指定されることになります。

 この間、解除された市町村における皆様のご協力、あと、今後継続するところ、新規に追加されるところについては、また引き続き、外出自粛、あるいは飲食店などでの営業時間短縮のご協力をよろしくお願いいたします。

 こちらの図をご覧いただきますと、感染拡大市町村の基準になります1万人当たりの新規感染者の数1.5人以上の地区が非常に限定的になってきたというのが非常に分かりやすく出ているのではないかなと思っております。

 県内の感染状況でございますが、新規感染者の数、先週1週間平均で45.2名ということで、前週に比べると10人程度減ってきているということ、それから、経路不明者の数も着実に減ってきているということが言えるのかと思います。

 また、病床稼働状況だけが若干気になっておりまして、重症者の病床は着実に減ってきて、今、8名のみとなっておりますが、入院患者数は207名と、減り方が少し遅いかなという感じでございます。入院期間が長いという状況ではなくて、どうも従来株に比べると、変異株に置き変わっている分だけ、軽症、あるいは無症状ということで、療養施設などでの療養で済まない、もうちょっと入院が必要になってしまうケースが若干増えてきているということがこの入院患者数の減少がなかなか進まない理由の一つではないかなと見ております。

 続きまして、昨日まで実施いたしました大洗町を対象としました集中検査の結果です。今日結果が出るものも含めて、全体で3,982名の検査を実施して、2名の陽性者が確認されております。

 全体として、集中検査の3,982名、それから、感染者が出た職場などで行った行政検査1,254名などの大規模な検査の結果、今現在、大洗町での感染拡大は大分抑えることができているのではないかなと見ております。

 感染拡大市町村の対象になっている県民の皆様においては、不要不急の外出自粛や営業時間短縮など、様々な要請内容についてご協力をお願いしたいと思います。

 また、営業時間短縮要請、今回の新規の追加、あるいは延長については、申請は6月3日から受け付けをいたしますので、こちらの連絡先等にご連絡いただければと思います。

 現在の感染状況は、病床稼働数のみがStage3に該当しているということでございます。変異株の割合が5割を超えている状況なので、全体としてStage2が多いのですが、総合的にはStage3という位置付けで、判断指標をStage3ということにしております。

 私からは、以上です。

このページに関するお問い合わせ

総務部知事公室報道・広聴課報道

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2118

FAX番号:029-301-6330

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?