ここから本文です。

更新日:2021年7月30日

新型コロナウイルス感染症等に係る知事記者会見(2021/7/30)の発表内容

知事からの発表内容 

  コロナ感染症について、今日の発表をさせていただきます。

 本日は、222名の新規感染者を正式に発表いたします。

 これまでにない急激な指標の悪化を踏まえまして、本日から、政府に対して緊急事態宣言の要請をするかどうかについて検討を開始したいと思います。

 こちらがその関係の数値でございますが、7月10日の週から現在の7月24日の週まで、約新規陽性者数で3.2倍の拡大です。これが同じ時期の東京の2.5倍に比べても速いスピードで新規陽性者数が増えているということです。

 病床稼働数も、7月15日から7月29日で1.9倍に増えているわけですが、この括弧の1.5倍が東京ですので、東京のペースを超えて病床稼働数も拡大しているという状況にございます。

 県のコロナNext及び国の指標をそれぞれご覧いただきますと、県の指標でも、陽性者数、濃厚接触者数についてはもうStage4に到達してしまいました。病床稼働数も今週末にも185になりますので、今日、明日中にはStage3に上がります。

 国の分科会による指標においても、現在、3つの指標でStageⅢ、10万人当たりの療養者数がStageⅣですが、一両日中に新規陽性者数がStageⅣに悪化する見込みです。

 そうしますと、茨城県の場合は、2つの指標でStageⅣ、2つの指標でStageⅢということでございまして、緊急事態宣言が出されている他の都府県と比較しても遜色ない状況にまで悪化してきているということが見て取れるかと思います。

 新規陽性者数と病床稼働数の推計でございます。このスピードのまま感染が拡大してしまいますと、8月15日には病床数が784必要になってまいります。現在、県の方で用意している最大値が600、それを超えてさらに拡大するにしても、784まではまだ手当てができない状況におりますので、これは非常に危機的な状況だと言えると思います。

 新規感染者数も、このペースでの増加が続くと、8月15日には400を超えてしまうということでございます。

 県内の感染状況の推移ですが、急激に増えてきております。週平均で124まで急激に上がっております。

 さらに、年代別でございますが、20代から30代が陽性者の中心で、約半分、45%が20代から30代、40代から50代がその次で3割という状況です。

 病床稼働数の状況も急激に悪化しております。重症病床はまだ1桁ということでございますが、いわゆる中等症の方が入る病床数が181に達しておりまして、今週末にも185を超えてくるということです。

 入院患者の年代別で見ますと、40~50代が46%ということで圧倒的に多い。その次が20代から30代ということです。

 入院されている方ということは中等症ということでございますので、ほとんどの方においては酸素吸入が必要な状況だということでございます。

 中等症患者の年代別推移も同じ状況です。

 ということで、コロナNextのStage3でございますが、一両日中にこのコロナNextの中の一番上の病床稼働数がStage3に入ってきますので、そうすると、2つの指標でStage4、1つの指標でStage3という状況になっています。

 この状況を踏まえまして、本日より政府との協議に入っておりまして、来週の火曜日には正式に対応を決めたいと思っております。

 政府に対しては緊急事態宣言を要請する。あるいは、それ以外に県独自の対策を取るということも含めて、この週末の状況を見ながら、来週火曜日にまた発表させていただきたいと思います。

 県民の皆様には、非常に急激な感染拡大が続いているということを改めてご認識いただいて、最大限の警戒を行っていただけるようにお願いをしたいと思います。

 私からは、以上です。

このページに関するお問い合わせ

総務部知事公室報道・広聴課報道

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2118

FAX番号:029-301-6330

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?