ここから本文です。

更新日:2021年8月3日

新型コロナウイルス感染症等に係る知事記者会見(2021/8/3)の発表内容

知事からの発表内容 

 本日は、茨城県として、県独自の緊急事態宣言の発表をさせていただきます。

 期間は、8月6日より8月19日、2週間ということで、県内全域に対して宣言を発令させていただきます。

 病床稼働数、それから、新規陽性者数などの急増に伴いまして医療崩壊のおそれが迫っております。本日3日付けで緊急事態宣言の速やかな適用を国に対しても要請をさせていただいております。

 県独自の対策の効果や感染状況のデータなど、逐次、国に対してもデータを提供させていただいておりまして、連携しながら速やかな対応を国に対しても求めていきたいと思います。

県内の感染状況等について

 感染拡大のスピードです。7月14日の週から今週にかけて4.3倍、それから、病床稼働数も2.6倍の増加ということで、感染拡大のスピードが非常に急速だということで、加速しております。

 また、先週からこの1週間に、人口1万人当たり新規陽性者数の数が1.5人以上の市町村の範囲も、もう地図を見ると明らかなように、県南だけにとどまっていた先週に比べて、もう全県に広がってきているということでございます。

 県の指標、国の指標においても感染の拡大が明らかでございまして、県の指標、コロナNextにおいても、1日当たりの新規陽性者数、それから、陽性者のうちの経路不明の方、これはもともとStage4だったのですが、実はこの病床稼働数、今は273まで来ております。288を超えるとStage4でございますので、もうStage4の一歩手前まで来ているという状況です。

 国の方でのステージの表でももう3つの指標でステージⅣになっておりまして、確保病床の使用率も、この288を超えてくればもうステージⅣが見えてくるという状況になっております。

 他県との比較でございます。3つの指標で茨城県はStage4、1つの指標でStage3ということで、緊急事態宣言が発令されている、あるいはまん延防止等重点措置が発令されているところとももう変わらないような状況になってきております。

 この県内の感染状況の推移、これまでの第1波から第4波までと明らかに大きく異なるというのがこのグラフの点線を見てもお分かりになるかと思います。

 それから、病床の稼働数です。稼働状況も非常に大きく、急速に増えてきているということです。重症病床だけは低いままに今のところまだおさまっております。

県独自の緊急事態措置(対策)の内容について

 ということで、県独自の緊急事態宣言の対策内容でございます。まずは、不要不急の外出自粛、それから、感染が高まる行動の自粛について、これを県内全域に対して要請をさせていただきます。

 次に、他の都道府県との往来の自粛でございますが、緊急事態宣言などが発令されている都道府県との往来は、極力、自粛を要請したいと思います。やむを得ず往来する際には、感染症対策の徹底をお願いいたします。

 それから、出勤者数の削減についても、これは継続でございますが、改めてテレワークの推進をお願いしたいと思います。時差出勤のご活用もよろしくお願いいたします。

 それから、学校においても、部活動については、県立学校においては、他校との練習試合、合宿などは自粛をしていただきます。市町村立学校、私立学校、大学などに対しても、他校との練習試合の自粛をお願いしたいと思います。

 それから、営業時間の短縮要請でございます。県内全ての飲食店に対し、午後8時から午前5時までの営業時間の短縮をお願いいたします。酒類の提供は夜7時までということで要請をさせていただきます。テイクアウトとデリバリーについては、午後8時以降も営業は可能ということで、国の基準と合わせております。

 会食時における感染対策の強化ということで、会食を開催する場合は、同居家族以外では、いつも近くにいる4人までということで、普段会っていない方との会食は避けていただきたい。人数も4人までということで、感染拡大の可能性を極力避けていただきたいと思います。

 また、「いばらきアマビエちゃん」の利用登録を必ず行って、そもそも「いばらきアマビエちゃん」の登録をしている店舗を利用して、食事をする際には利用登録をするということを徹底いただければと思います。

 イベントでございますが、上限5,000人かつ収容率50%以下とすることを要請させていただきます。これは国の緊急事態宣言対象地域と同様の基準になっております。

 それから、県有施設の営業の自粛でございます。県有施設については、原則休館といたします。休館する代表的な施設としては、アクアワールド茨城県大洗水族館、いばらきフラワーパーク、ミュージアムパーク茨城県自然博物館、竜神大吊橋、袋田の滝観瀑台などでございます。

 公園などについても、屋外ではございますが、その中にある屋内施設については利用を制限させていただきます。ただ、近代美術館などをはじめとする美術館、図書館については、人が密集する場所でもない、それから、大声を出すような場所でもないので、感染拡大防止対策を徹底した上で開館を継続いたします。

 既にチケット販売や予約を受けている施設については、感染拡大防止を徹底した上で、受入れを行っていただきたいと思います。

 海水浴場については、ひたちなか市、大洗町に対して、それぞれ閉鎖をしていただくことを要請しております。

茨城県から、特にお願いしたい事項について

 本県では、今、非常に感染が急拡大しております。県の医療体制が崩壊する現実的な可能性が出てきております。県境をまたぐ往来は極力お控えいただきたいと思います。テレワークなどを使って外出機会を縮減していただきたい。会食も制限していただきたいということでございますが、最後に、この夏、お盆ということでございますが、今年の夏休み、茨城県に遊びに来ていただくのは極力やめていただきたい、避けていただきたいということ、それから、お盆における帰省についてもできるだけ避けていただきたいということで、楽しみにされていた方もたくさんいらっしゃると思いますが、何とぞご理解とご協力のほどをお願いしたいと思います。

営業時間短縮要請に係る協力金について

 飲食店に係る協力金については、全ての飲食店が、8月6日から19日までの14日間で、売り上げの状況によって支給額は変わりますが、支給をいたします。協力金の申請の受付開始は8月10日からでございますので、よろしくお願いいたします。

緊急事態措置等の強化・緩和に関する判断指標について

 ということで、コロナNextの判断をStage4に引き上げさせていただきました。県民の皆様、それから、茨城県に夏休みを使って遊びに来よう、あるいは帰省しようと思っていらっしゃる方には大変なご不便をおかけするわけでございますが、何とぞこの状況にご理解をいただいて、是非ご協力いただけますように改めてお願いをさせていただいて、私からの発表は、以上とさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

総務部知事公室報道・広聴課報道

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2118

FAX番号:029-301-6330

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?