ここから本文です。

更新日:2018年4月9日

橋梁の耐震化

 

本県では,平成7年1月の阪神淡路大震災を教訓として,地震時における救急活動や緊急物資の輸送等に重大な影響を与える橋梁等について耐震化を進めてきました。

東日本大震災後の平成24年10月に策定した「復興みちづくりアクションプラン」に基づき,緊急輸送道路の中で対策が必要な92橋の耐震化を進めています。

概要

古い耐震基準により設計された橋梁について,落橋防止装置や橋脚補強等の耐震補強,または架け替えを進めていきます。

アクションプランでは,東日本大震災から概ね10年後の平成32年までを目標に,92橋の対策を実施することとしており,その中でも重点的に進める57橋について,概ね5年後の平成27年度までに実施してまいります。

対策事例

対策事例

関連リンク

復興みちづくりアクションプラン

 

このページに関するお問い合わせ

土木部道路維持課補修・防災

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4459

FAX番号:029-301-4469

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?