ここから本文です。

更新日:2015年3月1日

茨城県内全域における「土壌の放射能濃度マップ」

公開日 2011年9月22日

茨城県が実施した県内全域における「土壌の放射能濃度マップ」について、測定結果がまとまりましたので、お知らせいたします。

今回の測定結果から、県内においては、文部科学省が8月26日に「福島県内の学校の校舎・校庭等の線量低減について」で示している1μSv/hを十分に下回っており、健康に影響のあるレベルではありません。

実施概要

調査期間

8月4日(木曜日)から9月14日(水曜日)

測定項目

  • 土壌中の放射性ヨウ素、放射性セシウム濃度
  • 1メートル高さにおける放射線量率

測定結果

(土壌放射能濃度マップの土壌採取地点にて測定)

(参考)
放射性セシウム濃度の単位Bq/平方メートルのBq/kgへの換算について
土の比重を1.3g/立方センチメートルと仮定すると、今回の土壌中放射能濃度(単位Bq/平方メートル)の値を65分の1にすれば(単位Bq/kg)に換算することが出来ます。
なお、農林水産省が実施している農地土壌の調査では、深さ15センチメートルで土壌を採取しておりますので、今回の土壌中放射能濃度(単位Bq/平方メートル)を約200分の1にすれば農地土壌の値(単位Bq/kg)に換算することが出来ます。
(例)60,000Bq/平方メートルを(単位Bq/kg)に換算した場合
60,000(Bq/平方メートル)÷65=920(Bq/kg) <深さ5センチメートル採土>
また、これを農地土壌として換算した場合
60,000(Bq/平方メートル)÷200=300(Bq/kg)<深さ15センチメートル採土>
なお、農地土壌の稲作の作付け制限である、5,000Bq/kgを(単位Bq/平方メートル)に換算すると1,000,000Bq/平方メートルとなる

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?