ここから本文です。

更新日:2018年6月6日

若年性認知症とは





 

茨城県の若年性認知症ケアパス


若年性認知症ケアパスは、若年性認知症の方とその家族が、地域の中で生活を営むために、
若年性認知症の人と家族及び地域・医療・介護の人々が目標を共有し、それを達成するための
連携の仕組みを作成しました。

茨城県の若年性認知症ケアパス(PDF:194KB)

相談窓口

もの忘れが気になってきた,認知症かも,と思ったら,以下の相談窓口へご相談ください。
また,「介護がつらくて大変」といったお悩みもご相談ください。

若年性認知症支援コーディネーター


65歳未満で発症する認知症を「若年性認知症」といいます。若年性認知症の人については、就労や生活費、子どもの教育費等の経済的な問題が大きい等の特徴があり、また、その状態や環境に応じて日常生活支援、就労・社会参加、障害福祉・介護サービス等様々な制度が関わってきます。県では、関係機関と連携を図りながら、若年性認知症の人と家族等が地域で安心して暮らせるよう、ワンストップの相談窓口として総合的に支援することにより、若年性認知症の特性に配慮した就労継続支援及び社会参加支援等の推進を図ることを目的として、「若年性認知症支援コーディネーター」を配置しています。

相談内容

  • 職場復帰・職場定着に当たっての支援、障害年金の窓口案内・申請方法の助言など
  • 障害福祉、介護サービスの利用案内など
  • 認知症疾患医療センターの紹介、認知症初期集中支援チームとの調整など
  • 成年後見制度の利用案内、法テラスの紹介など
  • 家族会・認知症カフェなどの紹介、関係機関に対する支援(研修、助言等)などjakunenseininchishoushien-picture.png

 

 

配置先

筑波大学附属病院認知症疾患医療センター

住所

つくば市天久保2-1-1

電話番号

029-853-3645

相談日

月曜日~金曜日(祝祭日、年末年始を除く。)

受付時間

9時00分~17時00分

 

 

 

身近な相談窓口

お住まいの市町村地域包括支援センターにご相談ください。

 

各種制度について

若年性認知症の方が利用できる各種制度,相談窓口です。
(画像をクリックするとPDFで開きます)

(PDF:288KB)

 

 

 

若年性認知症ハンドブック(第3版)

画像をクリックするとPDFで開きます。

(1)若年性認知症ハンドブック(全体)

若年性認知症ハンドブック(PDF:6,021KB)

 

(2)若年性認知症の人やそのご家族へ(本人・家族向け)

4jakunennseininchishouhonnninkazoku_1.jpg(PDF:1,317KB)

4jakunenseininchishouhonninkazoku_2.jpg(PDF:1,317KB)

(3)ご存じですか?若年性認知症のこと(企業・職場向け)

5jakunennseininnchishoukigyoushokuba_1.jpg(PDF:1,366KB)

5jakunenseininnchishoukigyoushokuba_2.jpg(PDF:1,366KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部地域ケア推進課

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3332

FAX番号:029-301-3318

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?