ホーム > 茨城で暮らす > 福祉・子育て > いばらきの障害福祉政策 > 障害者スポーツ・文化活動について > 第16回全国障害者スポーツ大会茨城県選手団結団式を開催しました

ここから本文です。

更新日:2016年10月17日

第16回全国障害者スポーツ大会茨城県選手団結団式を開催しました

H28年10月18日更新

平成28年10月12日(水曜日)、茨城県庁9階講堂で、「第16回全国障害者スポーツ大会茨城県選手団結団式」を開催しました。

障害者スポーツの全国的な祭典であるこの大会は、障害のある選手が競技等を通じ、スポーツの楽しさを体験するとともに、国民の障害に対する理解を深め、障害者の社会参加の推進に寄与すること目的として毎年開催されています。

今年は、10月22日(土曜日)から24日(月曜日)までの3日間、岩手県で開催され、本県からは61名(選手31名、役員30名)の選手団が参加します。

競技別では、陸上13名、水泳4名、アーチェリー1名、卓球5名、フライングディスク5名、ボウリング3名の選手がそれぞれ出場します。

結団式では、松岡保健福祉部長から県旗が授与された後に、陸上競技に出場する青山祐希選手による選手宣誓、坂場篤視団長(茨城県視覚障害者協会会長)による決意表明などが行われました。

選手団一行は、今月の20日(木曜日)に、本年度の開催地である岩手県へ向けて出発します。

結団式の様子

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部障害福祉課企画

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3375

FAX番号:029-301-3378

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?