ホーム > 茨城を創る > 情報政策・情報通信 > 情報政策 > 公的個人認証サービス

ここから本文です。

更新日:2015年2月10日

公的個人認証サービス

公的個人認証サービスとは

平成14年12月13日に公布された「電子署名に係る地方公共団体の認証業務に関する法律(公的個人認証法)」により行われるもので,住民サービス向上のための行政手続のオンライン化等に必要となるものです。
オンラインにより電子的に申請等を行う場合,これまでの紙による申請の場合の「押印と印鑑証明」に代わり,「電子署名と電子証明書」が必要となりますが,この電子証明書を,市町村の窓口での本人確認を経た後に知事が発行するというものです。

参考資料

公的個人認証サービスを利用してできること

公的個人認証サービスでは,知事が電子証明書を発行しますが,発行する前提として,各市町村の窓口で本人確認を受けることと,市町村窓口に設置された鍵ペア生成装置というもので,電子署名に必要となる「公開鍵」「秘密鍵」というものの作成を行います。

電子証明書,公開鍵,秘密鍵は,申請者が持参するICカード(現在は住基カードのみ)に記録され,自宅からそのICカードを使って電子申請・届出等が行えるようになります(自宅にインターネットに接続できる環境,各市町村で発行する住民基本台帳カードに対応したICカードリーダライタが必要となります)。

ご利用になるには,市町村の窓口で電子証明書交付の際に一緒に配布される「利用者クライアントソフト」をインストールする必要がありますが,対応OSはWindowsのみとなっています。Windows以外では,ご利用になれませんのでご注意下さい。

参考資料

参考サイト

公的個人認証サービスを受ける際に準備するもの

公的個人認証サービスでは,申請者の本人確認,電子署名を行う際に必要となる「公開鍵」と「秘密鍵」の申請者自身による作成,都道府県知事による電子証明書の発行が行われますので,本人確認のための「写真付身分証明書等」及び公開鍵・秘密鍵・電子証明書を記録する「ICカード」が必要となります。

公的個人認証サービスの申請手順

電子証明書の発行申請では,住所地の市町村窓口で,申請書の提出,写真付身分証明書等の提示,電子署名に必要となる鍵ペア(公開鍵と秘密鍵)の生成・ICカードへの記録,当該ICカードの市町村窓口への提出を行うことになります。

参考資料

その他

公的個人認証についてよくある質問

関連サイト

関連規程等

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

企画部情報政策課電子県庁推進

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2556

FAX番号:029-301-2598

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?