ここから本文です。

水生植物帯の保全活動

霞ヶ浦北浦の湖岸にあるヨシ帯は,湖の生き物が隠れたり卵を産んだりする場所となり,湖の生態系にとって非常に重要な場所となっています。そのため,漁業資源の増大や漁場環境の回復を目的として,県などが水生植物帯(ヨシ帯)の造成に取り組んでおり,漁業者らによってこれらのヨシ帯を保全する取り組みが行われています。

青々と生い茂るヨシ(八木蒔地区)

青々と生い茂るヨシ(行方市八木蒔地区のヨシ帯)

保全活動の内容

保全活動の中心はヨシの刈り取りです。ヨシは,刈り取ることで生育が良くなるので,ヨシ帯の保全には欠かすことができません。また,ヨシは,チッソやリンといった水中の栄養分を吸収して大きくなるため,刈り取って湖の外に持ち出すことは霞ヶ浦北浦の水質を良くすることにつながっています。

ヨシ刈り1

ヨシ刈り取りの様子1

ヨシ運搬

刈り取り後のヨシは一旦堤防へ

ヨシ刈り2

ヨシ刈り取りの様子2

ヨシ積み込み

堤防のヨシを湖外に運び出す