ホーム > 茨城で暮らす > 環境・自然 > 廃棄物・資源循環 > 茨城県の不法投棄対策

ここから本文です。

更新日:2017年7月27日

茨城県の不法投棄対策

1.不法投棄対策の取り組み

不法投棄対策不法投棄対策は、早期発見・早期対応が最も重要であることから、不法投棄の発見・通報体制や監視・指導体制の充実強化に力点をおいて取り組んでいます。

また、年々悪質・巧妙化している不法投棄事案に対しては、「捨て得は許さない」という方針で、不法投棄行為者、搬入業者、排出事業者、土地提供者に対して撤去指導しています。

2.監視・指導体制の充実強化

(1)不法投棄対策室の設置

本庁廃棄物対策課内に、県警からの派遣警視を室長として19人体制で設置(平成29年度)

【構成】室長1人、併任警察官4人、行政職員9人、嘱託職員5人

(2)不法投棄監視班の設置

県内5つの県民センター等に、不法投棄監視班を設置

(3)産廃に係る立入検査権権限の市町村職員への付与

県内全市町村の329名に併任発令(平成29年7月1日現在)し、廃棄物処理法第18条第1項の規定に基づく立入検査等を行えるようにした。

(4)民間警備会社委託による不法投棄現場の監視

民間警備会社委託により休日・夜間の不法投棄現場の監視を実施

(5)ボランティア撤去事業

一般社団法人茨城県産業廃棄物協会と連携・協力して今後撤去される見込みが少ない事案などについて、共同で撤去事業を実施しています。

詳細(平成27年度ボランティア撤去事業)

3.発見・通報体制の充実強化

(1)ボランティア不法投棄監視員の設置

ボランティア不法投棄監視員500名体制のボランティアによる全県的な監視を実施。

  • 一般監視員 350名
  • 協会ボランティア監視員150名 (茨城県産業廃棄物協会,茨城県環境保全協会)
     ※H27から県庁監視員を設置 169名(平成29年6月末現在)

(2)不法投棄監視協定の締結

早朝・夜間の時間帯又は山間部などで営業している業界団体等と協定を締結し、監視・通報体制を強化。

(3)不法投棄110番(フリ-ダイヤル)による情報収集

不法投棄の通報先としてフリーダイヤルを設置。

0120-536-380(全県共通:いつもみんなでむらなくみはれ)

受付時間は平日8時30分~17時15分まで

※受付時間外は最寄の警察署まで通報お願いします。

(4)不法投棄防止強調月間(6月、11月)の実施

不法投棄防止強調月間県・警察・市町村・業界等が合同して、各種パトロールなどを実施。

  • ヘリコプターによるスカイパトロール
  • 車両によるランドパトロール
  • 廃棄物運搬車両一斉検査
  • ボランティアUD協会監視員パトロール
  • ポスター、啓発グッズ等による啓発活動

このページに関するお問い合わせ

県民生活環境部廃棄物対策課不法投棄対策室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3033

FAX番号:029-301-3039

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?