ホーム > 茨城で暮らす > 環境・自然 > 廃棄物・資源循環 > 減量化・リサイクル > 小型家電リサイクル(メダルプロジェクト)

ここから本文です。

更新日:2018年1月15日

使用済小型家電のリサイクル制度について

○ 日本全体で1年間に使われなくなった携帯電話やゲーム機などの小型家電製品は,約65万トンと推定されています。  

○ その中には鉄や銅,金や銀といった有用な金属が多く含まれており,金額にして約844億円にもなるといわれています。そのため,使われなくなった小型家電は,都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」とも呼ばれています。推計では,現在使用中の製品も含めて,日本国内の「都市鉱山」には,金が6800トン(世界の埋蔵量の約16%),銀が6万トン(世界の埋蔵量の約23%)と,資源国をしのぐほどの量が埋蔵されているといわれています。

○ このことから,小型家電製品の再資源化を促進するため,小型家電リサイクル法(正式名称 使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律)が平成25年4月1日に施行されました。

 小型家電リサイクル法の概要(フロー図)(PDF:154KB)

     小型家電リサイクル法の詳細(環境省HP)(外部サイトへリンク)

  

使用済み小型家電製品をリサイクルする方法

 現在,県内の全ての市町村において,使用済み小型家電製品の回収をしています。市町村により回収方法が異なりますので,お住まいの市町村の回収方法や回収品目に従い,リサイクルを行ってください。

 なお,無許可の不用品回収業者によって回収された廃家電が,不法投棄や不適正処理された事例が報告されていますので,無許可の不用品回収業者を利用することは止めてください。  

huyouhin01

小型家電リサイクル法の対象となる製品

   携帯電話やゲーム機などの通常の生活で使用される28類型の品目が対象となります。なお,「家電リサイクル法」の対象となる家電4品目(テレビ,エアコン,冷蔵庫・冷凍庫,洗濯機・乾燥機)は対象になりません。 

 

2020年東京オリンピック・パラリンピックの「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」

都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクトとは

○ 茨城県は「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」(外部サイトへリンク)に参加しています。

○ プロジェクトは,東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の約5000個の金・銀・銅メダルを全国各地から集めたリサイクル金属で作る国民参画型プロジェクトです(2017年4月からスタート)

○ 東京2020大会をきっかけに,持続可能な社会の仕組みを作りましょう。

フロー)ポンチ絵

 

プロジェクトの参加方法

 回収方法は大きく2通りとなります。

①   プロジェクト参加市町村による回収

  プロジェクトに参加している市町村(外部サイトへリンク)で回収しています。お住まいの市町村の回収方法や回収品目に従い,使用済小型家電のリサイクルを行いましょう。

 

② 携帯電話,スマートフォン,タブレットについては全国のドコモショップで回収しています。

 回収場所はNTTドコモウェブサイト(外部サイトへリンク)から近くの店舗を探してください。詳しくはドコモインフォメーションセンターへお問い合わせください。

 電話番号 0120-800-000( 受付時間 9:00~20:00 )

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

生活環境部廃棄物対策課企画調整

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3020

FAX番号:029-301-3039

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?