ホーム > 茨城で暮らす > 環境・自然 > 環境政策 > レジ袋無料配布中止の取組推進

ここから本文です。

更新日:2016年6月8日

レジ袋無料配布中止の取組推進

茨城県では、地球温暖化防止、ごみの減量化、資源の有効活用の観点から、レジ袋削減の取組を効果的に推進するため、市町村ごとに取組が進んできたレジ袋無料配布中止の取組を、県、事業者、県域団体で協定を締結することにより、県全域を対象とした取組として推進しています。

これまでの経過は次のとおりです。

レジ袋削減運動の実施

茨城県では、平成19年度、平成20年度に、県内スーパーマーケット等の協力を得て、買い物の際にマイバッグを持参する「レジ袋削減運動」を県下一斉に実施いたしました。

  • 実施期間及び参加事業者数
    平成19年度10月1日~12月31日29社409店舗(スーパー、ドラッグストア等)
    平成20年度7月1日~12月31日34社476店舗(上記に加えてホームセンター等)

市町村によるレジ袋無料配布中止の取組の進展

茨城県内の各市町村では、レジ袋の使用削減を更に推進するため、事業者、市民団体、行政による三者協定を締結するという連携した取組を推進し、これにより、レジ袋辞退率は飛躍的に向上いたしました。

26市町村で実施済※平成24年4月1日現在

スーパーマーケット事業者における県全域を対象としたレジ袋無料配布中止の取組推進

市町村ごとの取組が進む中、市町村、事業者の双方から、広域的に実施した方が効果的であり、取り組みやすいとの意見を受けて、茨城県では、事業者、市町村、関係団体との協議を進め、取り組みの進んできているスーパーマーケットを中心として、県協定の締結(H21年3月27日)に至りました。

レジ袋無料配布中止の開始日

平成21年7月1日(水曜日)から

協定締結者(平成25年4月1日現在)

 

事業者27社272店舗

イオンリテール(株)、イズミヤ(株)、いばらきコープ生活協同組合、株式会社いばらきさえき、
(株)エーコープ関東、有限会社Aコープサービス茨城ひたち、(株)エコス、(株)オオタ、
(株)カスミ、(株)かわねや、(株)キダストアー、黒田青果(株)、(株)サンユーストアー、
(株)ジャパンミート、(株)スーパーマルモ、(株)セイブ、(株)セイミヤ、(株)タイヨー、
つくば商業開発(株)、(株)トライアルカンパニー、(株)とりせん、(株)ベイシア、(株)マスダ、
(株)マルト、水戸ステーション開発(株)、ユニー(株)、(株)ヨークベニマル

県域4団体

茨城県消費者団体連絡会茨城県生活学校連絡会、
大好きいばらき県民会議環境保全茨城県民会議、茨城県

 

県協定締結による効果

  • 辞退率が大幅に向上
    平成21年6月平均(開始前)24.0%⇒平成21年7月以降毎月平均85%程度で推移
    ※月ごとの推移は、ページ下の表を参照願います。
  • 削減枚数
    約1,900万枚(1月あたり)(年換算約2億3千万枚)
  • 二酸化炭素削減量
    約1,157t(1月あたり)(年換算約14,000t)
  • 石油削減量
    約35万ℓ(1月あたり)(年換算420万ℓドラム缶21,000本)

(4)クリーニング事業者における県全域を対象としたレジ袋無料配布中止の取組推進

取組事業者の業種拡大を目指して、平成22年6月から8月にかけて、クリーニング事業者との協議を進めてきたところ、15事業者から協定締結の内諾を得て、茨城県協定の締結(H22年9月1日)に至りました。

レジ袋無料配布中止の開始日

平成22年10月1日(金曜日)

周知キャンペーン期間

9月1日(水曜日)から10月3日(日曜日)

協定締結者(平成25年4月1日現在)

 

事業者15社288店舗

(有)朝日屋、(有)海野ドライクリーニング店、(株)オルト、クリーニングイノウエ、
(株)クリーニングのシルキー、(有)サンローヤル、太平クリーニング、(有)田村商会、
茅根商事(株)、(有)つくば丸八、(株)テイクオフ、(有)ナガシマ、日力商事(有)、
(有)丸八商会、(株)ユーゴー

県域4団体

茨城県消費者団体連絡会、茨城県生活学校連絡会
大好きいばらき県民会議、環境保全茨城県民会議

茨城県

 

 

レジ袋無料配布中止に取り組む事業者数及び店舗数(平成28年4月1日現在)

  • スーパーマーケット26事業者305店舗
  • クリーニング店15事業者349店舗
  • 合計41事業者654店舗

啓発チラシ等の紹介

啓発用チラシ表面
(PDF:606キロバイト)

啓発用チラシ裏面
(PDF:596キロバイト)

啓発用チラシ表面

啓発用チラシ裏面

エコライフカレンダー
(PDF:7,571キロバイト)

エコライフカレンダー(見開き)
(PDF:5,808キロバイト)

平成25年度エコライフカレンダ-
A4版

平成25年度エコライフカレンダー
A4見開き版

 

レジ袋辞退率の月別推移

平成21年

項目 単位 H21年
6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
辞退率 (%) 24.0 82.8 83.0 85.5 85.1 85.3 85.3
レジ袋削減枚数 (枚) - 13,144,523 13,790,505 12,926,295 12,717,288 12,285,587 13,479,851
年換算 (枚) - 157,734,276 165,486,060 155,115,540 152,607,456 147,427,044 161,758.212
二酸化炭素削減量 (t) - 802 841 789 776 749 822
年換算 (t) - 9,624 10,092 9,468 9,312 8,988 9,864
石油削減量 (万ℓ) - 24 25 24 23 22 25
年換算 (万ℓ) - 288 300 288 276 264 300
石油削減量ドラム缶換算 (本) - 1,200 1,250 1,200 1,150 1,100 1,250
年換算 (本) - 14,400 15,000 14,400 13,800 13,200 15,000

 

平成22年

項目 単位 H22年
1月
2月 3月 4月 5月 6月 9月 12月
辞退率 (%) 85.2 85.7 85.6 85.7 85.8 86.0 85.2 85.0
レジ袋削減枚数 (枚) 12,156,564 11,462,256 12,826,371 12,413,430 13,139,319 12,886,553 12,760,974 13,174,987
年換算 (枚) 145,878,768 137,547,072 153,916,452 148,961,160 157,671,828 154,638,636 153,131,688 158,099,844
二酸化炭素削減量 (t) 742 699 782 757 801 786 778 804
年換算 (t) 8,904 8,388 9,384 9,084 9,612 9,432 9,336 9,648
石油削減量 (万ℓ) 22 21 23 23 24 24 23 24
年換算 (万ℓ) 264 252 276 276 288 288 276 288
石油削減量ドラム缶換算 (本) 1,100 1,050 1,150 1,150 1,200 1,200 1,150 1,200
年換算 (本) 13,200 12,600 13,800 13,800 14,400 14,400 13,800 14,400

(H22年6月以降は、3か月ごとに調査、H23年は東日本大震災の影響を鑑み調査していない。)


平成24年以降

項目 単位 H24年
3月
H25年
3月
辞退率 (%) 82.7 83.2
レジ袋削減枚数 (枚) 16,867,727 18,962,280
年換算 (枚) 202,412,724 227,547,360
二酸化炭素削減量 (t) 1,029 1,157
年換算 (t) 12,348 13,884
石油削減量 (万ℓ) 31 35
年換算 (万ℓ) 372 420
石油削減量ドラム缶換算 (本) 1,550 1,750
年換算 (本) 18,600 21,000

 

レジ袋削減枚数は実数。それ以外の項目の数値は概数。

【算定根拠】
●二酸化炭素削減量
削減枚数×61g(レジ袋1枚の二酸化炭素排出量)

石油削減量
削減枚数×18.3mℓ(レジ袋1枚のエネルギー使用量)

石油削減量ドラム缶換算
石油削減量÷200ℓ(ドラム缶1本の容量)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

生活環境部環境政策課環境企画

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2933

FAX番号:029-301-2949

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?