ホーム > 広報・お知らせ > くらしのQ&A > 保健・福祉 > 母・子供 > 母子家庭の母又は父子家庭の父が高等職業訓練促進給付金を利用したいときは

ここから本文です。

更新日:2015年6月29日

母子家庭の母又は父子家庭の父が高等職業訓練促進給付金を利用したいときは

母子家庭の母又は父子家庭の父が就職の際に有利であり、生活の安定に資する資格の取得を推進するために、当該資格に係る養成訓練の受講期間について高等技能訓練推進費を支給します。

対象者

母子家庭の母又は父子家庭の父であって、次のa~cのすべての要件を満たすもの。

  1. 児童扶養手当の支給を受けているか又は同様の所得水準にあること。
  2. 養成期間において2年以上のカリキュラムを就業し、対象資格の取得が見込まれる者であること。
  3. 就業又は育児と修業の両立が困難であると認められること。

対象資格

  1. 看護士(准看護師)
  2. 介護福祉士
  3. 保育士
  4. 理学療法士
  5. 作業療法士
  6. その他知事が認める資格

支給額

  • 住民税非課税世帯100,000円
  • 住民税課税世帯70,500円

申請手続き

修学等の状況や受給要件を確認するため、入学前に事前相談が必要です。
(市にお住まいの方は市の担当課までお問い合わせください。)
町村にお住まいの方は所轄する各県民センター県民福祉課福祉相談センター地域福祉課にご相談ください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部子ども未来課児童育成・母子福祉

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3247

FAX番号:029-301-3269

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?