ここから本文です。

更新日:2018年1月5日

マンション管理について

 マンション管理に役立つ情報をお知らせします。

マンション管理のしくみ

 1.管理の主体 - 管理組合
   マンションの管理を主体となって行なう組織のことです。
   ➡ 建物の区分所有等に関する法律第3条においては「区分所有者は、全員で、建物並びにその敷地及
     び付属施設の管理を行うための団体を構成し…」と規定されています。
 2.管理の対象物 - 専用部分と共用部分
   マンション(その敷地を含む)は、各区分所有者が単独で使用、収益、処分を行うことができる専用部
  分と、区分所有者全員がマンション管理組合を構成して共同で管理を行っていく共用部分、付属施設及び
  敷地とに分けられます。
 3.管理規約
   管理組合が管理を行っていく共用部分等のみならず、専有部分を含めた建物、敷地及び付属施設の管
  理、使用に関する区分所有者間の事項については、管理規約で定めておくことができることになっていま
  す。
   ➡ 区分所有法第 30 条第1項
 4.集会
   管理組合は、建物の共用部分等の管理を行うために、集会を開催し(年1回以上 )、区分所有者の意志
  を確認したり、重要な管理方針等の決定をしたりします。
 5.管理者
   区分所有法に定められる管理者の職務を行うため、管理組合の代表者が、いわゆる区分所有者を代表す
  る管理者になることが一般的です。

マンション関連の法律について

 1.建物の区分所有等に関する法律(区分所有法)
   分譲マンションでは、各住戸部分は入居者(各区分所有者)が単独で所有するにしても、躯体部分や壁
  等のように、各区分所有者が単独で所有とすることができない部分があるため、その所有関係をどのよう
  にするかを定める必要があります。
   また、各区分所有者は、1棟の建物を区分して所有するため、建物及びその敷地等を共同して管理する
  ことから、その方法等についても規定する必要があります。
   区分所有法は、分譲マンションのように区分所有される建物について、その建物の部分ごとに所有関係
  等についての権利を明確にするとともに、建物及びその敷地等についての共同管理のルールを定めた法律
  です。
   なお、この法律は昭和 38 年に施行され、平成 15 年にはマンションの急増や老朽化等に対応するた
  め、管理の適正化や建替えの円滑化に関することを盛り込む等の改正が行われました。

 2.マンションの管理の適正化の推進に関する法律
   マンションの管理の適正化を推進するための措置を講ずることにより、マンションにおける良好な居住
  環境の確保を図り、もって生活の安定向上等に寄与することを目的とした法律です(平成 13 年8月1日
  施行)。
   この法律は、「マンション管理業者の登録制度」と「マンション管理士の創設」の2つの大きな柱から
  構成されています。
  ○ マンション管理業者の登録制度
   マンション管理業者は、国土交通省の「マンション管理業者登録簿」への登録が義務づけられ、この登
   録を受けない業者は営業できなくなります。業者登録は5年間有効です。また事務所ごとに国家資格に
   合格し、一定の実務経験を有する「管理業務主任者」を置くことも義務づけされます。
  ○ マンション管理士
   国家資格であり、有資格者には、登録証が交付されます。役割としては管理組合や区分所有者の相談に
   応じ、マンション管理組合の運営や管理について、助言や指導等の援助を行います。

 3.マンション建替え等の円滑化に関する法律
   老朽化マンションの急増に対応して、良好な居住環境を備えたマンションへの建替えを円滑化し、民間
  が主体となった都市の再生を図るため、マンション建替組合等の設立、権利変換手法による関係権利の円
  滑な移行、耐震性不足のマンションにおける敷地売却制度や容積率緩和等の内容を盛り込んだ法律です
  (平成 14 年 12 月 18 日施行)。

  ※下記の関連リンク(国土交通省ホームページ)から、詳細を確認できます。

茨城マンション相談制度

 県内マンションの組合員および理事会の皆様に安心なマンション住まいを実現していただくために(一社)茨城県マンション管理士会が行う相談制度です。(一社)茨城県マンション管理士会に所属し経験と実績を積んだマンション管理士が相談にあたります。

 顧問マンション管理士をお探しの場合は、近在のマンション管理士の紹介も行っています。

 受付窓口 029-231-6433(電話・FAX 共通)
      info@ibaraki-mankan.com
      一般社団法人茨城県マンション管理士会(〒310-0041 茨城県水戸市上水戸3丁目 4-26) 

住宅宿泊事業に伴う「マンション標準管理規約」の改正について

 平成29年6月に住宅宿泊事業法が成立しており、平成30年3月15日からは住宅宿泊事業の届出が開始される予定です。

 このため,分譲マンションにおいても住宅宿泊事業(いわゆる民泊)が実施され得ることとなります。

 分譲マンションにおける住宅宿泊事業をめぐるトラブルの防止のためには、住宅宿泊事業を許容するか否かについて、あらかじめマンション管理組合において、区分所有者間でよくご議論いただき、その結果を踏まえて、住宅宿泊事業を許容するか否かを管理規約上明確化しておくことが望ましいものと考えられます。

 国土交通省では、マンション管理規約のひな型である「マンション標準管理規約」を改正しており、住宅宿泊事業を可能とする場合と禁止する場合の双方の規定例を示していますので参考にしてください。

 ※下記の関連リンク(国土交通省ホームページ)から、詳細を確認できます。

住宅宿泊事業施行要領(ガイドライン)について

 住宅宿泊事業法において、平成30年3月15日から住宅宿泊事業の届出が開始される予定ですが、厚生労働省及び国土交通省では、住宅宿泊事業法に係る解釈や留意事項等について「住宅宿泊事業法施行要領(ガイドライン)」を策定していますので参考にしてください。

 ※下記の関連リンク(国土交通省ホームページ)から、詳細を確認できます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部住宅課民間住宅・住宅指導

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4759

FAX番号:029-301-4779

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?