ホーム > 茨城を創る > まちづくり > 公共工事 > 茨城県土木部における新技術活用等の促進活用に向けた取り組み

ここから本文です。

更新日:2017年5月11日

茨城県土木部における新技術活用等の促進活用に向けた取り組み
IT'S(IbarakiTechnologyInformationSystem)

1.お知らせ

平成29年4月28日データベースを更新しました。
新技術を活用して、コスト縮減に努めましょう。
なお、紹介したい新技術がありましたら、ぜひ登録申請をお願いします。
今回は次の4技術を追加しました。


B-17076かんたん側溝(PDF:1,166KB)

C-17028LEAB(PDF:576KB)

C-17029アスファルト合材付着防止剤(ナブエース)(PDF:686KB)

b-17026アルミ嵌合式両面表示標識(PDF:620KB)

2.新技術一覧

現在87件の技術を公開中です。

それぞれの技術につきましては、以下の表中のリンクからご覧いただけます。

 

公開技術一覧

積極活用技術 A.工法22件 B.製品22件 C.その他16件
活用技術 a.工法15件 b.製品10件 c.その他2件

※積極活用技術→県内での施工実績がある技術。

3.IT’Sとは

 

茨城県土木部では、安価で良質な社会資本整備を目指し、公共事業における様々なコスト縮減を展開しております。
特に、新技術の活用はコスト縮減のための施策の一つとして、積極的に取り組むこととしています。
平成16年度から、県版の新技術情報提供データベースを整備し、新技術等の提案を受ける場、広く公開する場を設置し、民間等の新技術開発力の増進に寄与するとともに、県土木部が発注する公共工事において発注者が新技術等を導入しやすい環境作りを目指します。

 

最終更新日 平成29年4月28日
次回更新日 平成29年7月中旬予定
更新 年4回4,7,10,1月
登録数 87件
申請条件 NETIS登録済みであること
考慮していただく点 1.茨城県土木部事業でのニーズ
2.茨城県での活用実績
3.茨城県の地域特性
登録期限 5年

 

  • 発注者へ:設計・施工の際に、登録された技術を参考にしてください。(使用を義務づけるものではありません)
  • 開発者の方へ:本データベースは、登録技術の使用技術の使用を義務づけたり、工事での使用を約束するものではありません。PRの際はこの点についてご留意ください。
  • 共通仕様書での記載:設計業務共通仕様書(平成25年8月改訂)(PDF:1,931KB)の第1209条11項をご覧ください。

 

4.申請様式・実施要領

 

名称 内容

 

建設工事における新技術等の活用促進のための実施要領(PDF:14KB)

 

PDFファイル

 

概要書(エクセル:123KB) EXCELファイル
データベース公開
基礎資料となります
コスト比較表(エクセル:88KB) EXCELファイル(BC共通)
従来技術と比較した場合の長所等を記入

 


 

1.申請は、郵送のみ受け付けます。

(電子メール等での送付はご遠慮願います。)

〒310-8555
茨城県水戸市笠原町978番6茨城県土木部検査指導課

2.「地域性を反映したコンパクトな」データベースの構築を目指しております。申請にあたっては、「実施要領」を参照の上、本県での事業ニーズ、施工実績、地域特性等をできる限り考慮してくださいますようお願いいたします。

3.実施要領はPDF形式、様式はExcel形式となっておりますので必要なアプリケーションを準備してください。

 

5.その他

新技術に関する発表会として、以下の2つの発表会を開催しております。

茨城県土木技術発表会

本県土木部における新技術や新しい施策に関する発表会を実施しています。

※聴講申込みは建設技術管理センター(電話番号029-227-5634)まで

新技術「IT'S」出展・技術発表会

IT'S登録技術の発表会を実施しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部検査指導課建設リサイクル

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4386

FAX番号:029-301-4389

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?