ホーム > 茨城を創る > まちづくり > 公共工事 > 土木工事保安対策技術指針の改正

ここから本文です。

更新日:2017年4月4日

土木工事保安対策技術指針の改正

茨城県土木部では、土木工事を行う際の、働いている人の安全と、一般交通の安全のために、保安施設を新しく改正しました。
平成18年4月1日からは、道路や川での工事で登場するオレンジの看板が登場しています。
しかしオレンジの工事標示板は、読みにくいとの指摘が多く、改善するようみなさまから声をいただきました。
そこで、平成18年10月1日からは、工事中標示板のみ現行のオレンジではなく白地に水色の字でわかりやすい看板に改めます。
工事現場付近での通行には十分注意して、事故のないようにしましょう。

平成18年9月27日

土木工事保安対策技術指針(PDF:720KB)(H18年10月1日NEW)
(11.1内容の一部(標示板の仕様)を訂正しました。)

看板の表示内容参考(PDF:20KB)

事業別保安施設設置区分(エクセル:432KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部検査指導課技術管理

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4370

FAX番号:029-301-4389

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?