写真:食用ほおずき

食用ほおずきはビタミン類や鉄分等がバランスよく含まれ、上品な香りと複雑な味わいが特徴です。高萩市では平成20年から食用ほおずきの栽培が始まり、「花貫フルーツほおずき」としてブランド化に向けて取り組んでいます。花貫フルーツほおずきは8月下旬から10月まで収穫され、県内外の著名な飲食店や菓子店等で食材として利用される他、高萩市の花貫物産センターで生食やジャムとして販売されています。(協力:常陸太田地域農業改良普及センター)

平成28年度第3回農業研究所・第3回生物工学研究所 主要課題現地検討会の開催のお知らせ

【日時】平成28年9月27日(火)13:00〜16:00
【集合場所】「里のほほえみ」現地試験圃場(龍ケ崎市板橋町)
【内容】大豆新品種「里のほほえみ」の高品質・多収栽培技術、および生物工学研究所で育成中の納豆用大豆系統について

詳しくは農業研究所のホームページをご覧ください。

過去のトピックスはこちらから

結城ブランド認定で知名度・競争力UP!

結城ブランドロゴマーク古くから城下町として栄え、加えて農業が盛んで、関東平野のなかでも比較的安定した農業地域であり、米穀はもとより、首都圏の生鮮野菜供給地として、ハクサイ・レタス・トマトなどの露地野菜等多くの農産物が生産されています。 近年、結城市では結城の美味しくて安全・安心な農産物や加工食品のほか、伝統工芸から近代産業まで、高度な技術や匠の技やものづくりに関する「ものを創り育てるまち」のブランド化を推進しています。

(写真は結城ブランドロゴマーク)

記事の続きはこちらから

茨城県における協同農業普及事業の実施及び普及指導計画に設定した課題の解決について、進捗状況並びに結果等の評価及び今後の対応策をお知らせします。

広報資料のページ

省エネ設備のリース導入支援と燃油価格高騰時の補てん制度の新設を併せて措置し、燃油価格の影響を受けにくい経営構造への転換を支援します。

詳しくは産地振興課のページをご覧ください。

生産資材費縮減の事例や研究成果等をとりまとめた「生産資材費高騰に対する技術支援マニュアル」を作成しましたので、生産現場でご活用ください。

その他の栽培マニュアルは農業研究所ホームページをご覧ください。

いばキラTV

動画再生に時間がかかる場合があります。
http://www.ibakira.tv