写真:「常陸大黒」
「常陸大黒」は平成14年に茨城県で育成した全国初の黒一色のベニバナインゲンです。現在は、県北地域の冷涼な気候をいかした地域ブランド品目として、約120名の生産者による栽培が行われています。
「常陸大黒」の加工品は、県北地域を中心とした直売所やスーパーで入手可能で、近年はおせち料理の食材としても注目されています。

過去のトピックスはこちらから

ニーズに対応した商品づくりで差別化を図る

産地おすすめレシピ「豚肉とチンゲンサイの水炊き」行方市では、霞ヶ浦の西浦と北浦に挟まれた温暖な気候と、水はけの良い台地の土壌特性を活かし、60品目もの農産物が生産されています。

中でも、チンゲンサイは茨城県が全国一の出荷量を誇り、行方市では昭和55年頃に旧北浦町で栽培が始まりました。その後の中国野菜ブームを受けて生産を拡大し、現在では地域を代表する品目の一つです。

(写真は産地おすすめレシピ「豚肉とチンゲンサイの水炊き」)

記事の続きはこちらから

茨城県における協同農業普及事業の実施及び普及指導計画に設定した課題の解決について、進捗状況並びに結果等の評価及び今後の対応策をお知らせします。

広報資料のページ

省エネ設備のリース導入支援と燃油価格高騰時の補てん制度の新設を併せて措置し、燃油価格の影響を受けにくい経営構造への転換を支援します。

詳しくは産地振興課のページをご覧ください。

生産資材費縮減の事例や研究成果等をとりまとめた「生産資材費高騰に対する技術支援マニュアル」を作成しましたので、生産現場でご活用ください。

その他の栽培マニュアルは農業研究所ホームページをご覧ください。

茨城県の魅力を伝えるインターネット動画サイト
https://www.ibakira.tv/

いばキラTVバナー