ここから本文です。

更新日:2016年5月19日

壮齢林の肥培に関する研究

研究報告No.5(要旨)

この試験は、スギ壮令林における施肥適期を知るために、29年生スギ林のかく成育相に応じた時期ごとに施肥して、その施肥効果を葉の栄養分析と、成長量測定との両面から検討したものである。実際に施肥されたのは、1月、4月、6月、8月、11月のかく月で、施肥量は、10aあたりの要素量で、N-P-Kがそれぞれ30-16-16kgであった。
なお、試験成績は4生育期間についてのものである。

1.4年間の材積成長量では、いずれの施肥区も無肥料区にくらべて、haあたり29m3以上の増収となり、とくに6月施肥区は68m3とすぐれた肥効をしめした。競争による自然枯死木のでるような密度の高い林分で、しかも年成長量22立方メートルもの優良な林分で、なお、このような肥効をみたことは注目されるべきことであろう。

2.施肥によって葉のリンと力リ含有率は変らなかったが、チッソ含有率は高まった。

3.チッソ含有率の高まり方は、生育休止期ではややおくれて高まり、生育期の施肥区では間もなく高まった。しかしながら施肥後の葉のチッソ含有率の値は、施肥時期の違いにもかかわらず、似たような値となり、そのままの高いレベルで翌年も持続した。

4.2年連続施肥区のチッソ含有率も、1回施肥区のそれと変らなかったことから、チッソについての施肥量は充分であったように思われる。そして葉のチッソ含有率2%前後の値は、この地域でのスギ壮令林分が、充分な生育をするのに必要なひとつの指標値のように考えられた。

5.以上のような肥効による材積増加量と、葉の養分含有率による栄養生理学的検討とから、スギ壮令林での施肥適期は、はばは広いがとくに新葉の展開の終了する初夏、6月頃のように思われた。

6.施肥後の年々の材積にみられる肥効の経過は、気候の変化に対応するので、いちがいには云えないが、施肥年よりも翌年以降に大きくなり、3年目に最大に達し、少なくとも4年以上は続くようであった。このことから、主伐期のスギ壮令林での施肥は、少なくとも主伐の4年以上前が適当のように考えられた。

7.施肥による材積成長量は、優勢木ほど大きかった。また、肥効のいちじるしい優勢木ほど、幹の上部と根元の肥大が顕著であった。なお、幹上部の肥大成長は、枝下高の位置から上部であるようであった。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部林業技術センター 

茨城県那珂市戸4692

電話番号:029-298-0257

FAX番号:029-295-1325

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?