文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大

いばらき木づかいチャレンジ(公共施設等整備)事業 -担当課:林政課-

 温かみや落ち着きを感じさせるといった木の良さや、県産材を使うことが地域の森林の整備につながることを、広く普及するため、公共施設等における県産材の利活用について助成を行い、県民の皆さまが身近に木とふれあう機会を創出します。

県・市町村等施設の木造化・木質化

外部有識者の審査により採択する今後の木材利用のモデルとなる展示効果の高い建築物の木造化・木質化を促進し,非住宅分野における地域材の使い方を広くPRするとともに,多くの県民が木に触れる機会を創出します。

事業主体 県、市町村、民間法人
補助率 1/2(上限10,000千円以内)

※今後の木材利用のモデルとなる展示効果の高い建築物の木造化・木質化を支援するため,全ての建築物を対象に外部有識者による審査を行い,採択することとします。

学校等への木製品導入支援

幼稚園,保育園,小中学校,障害児入所施設及び老人福祉施設等において,園児や児童・生徒及び入所者が日常的にふれあう木製品等(児童・生徒用机・椅子セット,机天板交換など)の導入を支援します。

事業主体 市町村、社会福祉法人、学校法人
補助率 1/2以内(上限3,000千円/施設)

※森林湖沼環境税の認知度向上を図るため、公募した事業のうちPR効果の高いものから採択します。

ページの先頭へ戻る