ホーム > 茨城で暮らす > 環境・自然 > 廃棄物・資源循環 > 平成25年度ボランティア撤去

ここから本文です。

更新日:2016年7月12日

平成25年度ボランティア撤去

平成25年度(一社)茨城県産業廃棄物協会によるボランティア撤去事業 実施結果

概要

一般社団法人茨城県産業廃棄物協会では、平成21年度から5つの支部単位による「不法投棄廃棄物のボランティア撤去事業」を実施しています。
「不法投棄廃棄物のボランティア撤去事業」は、地域の環境保全を図るため、今後撤去される見込みが少ない不法投棄廃棄物を、ボランティアで撤去・処分するものです。
今年度は、県内7箇所で実施しました。
県では、ボランティア撤去事業に連携・協力して共同で事業を実施しました。

※(一社)茨城県産業廃棄物協会は、昭和63年4月に設立された県内唯一の産業廃棄物処理業団体です。

撤去作業の実施状況

撤去状況1

撤去状況2

(平成25年11月28日、北茨城市)

(平成25年11月30日、稲敷市)

 

実施結果一覧

 

支部名

実施日及び実施場所

事案の概要及び参加団体等

参加人数

撤去量

1

鹿行

平成25年11月12日火曜日
神栖市

波崎海水浴場付近の神栖市道脇の保安林に廃タイヤ、廃家電、家庭ごみ等が投棄されたもの。

参加団体等:茨城県、神栖市、(一社)茨城県経営者協会

60名

約1.89t

2

県北

平成25年11月18日(月曜日)
平成25年11月26日(火曜日)
平成25年11月27日(水曜日)
平成25年11月28日(木曜日)
北茨城市

国道6号大北橋付近の河川敷及び海岸敷地(砂浜)にバスの残骸及びビン、ビンケース(廃プラ)、その他が大量に投棄されている。

参加団体等:茨城県、北茨城市

103名

46.46t

3

県南

平成25年11月30日土曜日
稲敷市

不正軽油製造現場。硫酸ピッチは県の代執行により撤去されたが、スラッジは代執行の対象とならず残存している。また、平成22年に建設系廃棄物が少量不法投棄され、調査するも行為者不明のため残存している。

参加団体等:茨城県、稲敷市

55名

11.88t

4

県南

平成25年12月14日(土曜日)
つくば市

筑波山クリーンアップ大作戦2013に協賛・参加し、筑波山登山道及び周辺道路沿いのごみを拾い集めてきれいにする。

参加団体等:筑波山クリーンアップ大作戦実行委員会、茨城県、石岡市、桜川市、つくば市、茨城県道路公社、筑波観光鉄道(株)、筑波山神社、つくば市観光協会、つくば市商工会、薬王院、筑波学院大学

50名

0.06t

5

県西

平成24年12月14日土曜日
桜川市

46名

3t

6

県西

平成25年12月14日(土曜日)
桜川市

薬王院駐車場沿いに廃棄物が不法投棄されている。

参加団体等:茨城県、桜川市、薬王院

7

県央

平成25年2月16日(土曜日)
水戸市

水戸市川又町地内(大洗鹿島線高架下)に何者かによって木くず、廃プラなど混合廃棄物が数カ所に渡り投棄された事案。

参加団体等:茨城県、水戸市、鹿島臨海鉄道(株)

39名

11.59t

353名

74.88t


 


これまでの実績は下記のとおり

平成21年度実績(PDF:165KB)

平成22年度実績

平成23年度実績

平成24年度実績

平成25年度実績

平成26年度実績

平成27年度実績


関連リンク

一般社団法人茨城県産業廃棄物協会(外部サイトへリンク)


 

不法投棄対策のページに戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

生活環境部廃棄物対策課不法投棄対策室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3033

FAX番号:029-301-3039

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?