ホーム > 茨城県の各部局の業務案内 > 県民生活環境部 > 本庁 > 女性活躍・県民協働課 > 茨城県提案型共助社会づくり支援事業TOPページ

ここから本文です。

茨城県提案型共助社会づくり支援事業について

令和元年からの新規事業です。

喫緊の地域課題の解決に向けた取組を実施しているNPOや企業等を助成します。

現在,令和元年度助成事業の募集中です。

✦詳細は茨城県提案型共助社会づくり支援事業助成金交付申請をご覧下さい。

 

 

※令和2年度の事業企画書の事前審査の募集を開始しました。(令和2年4月から事業開始希望者については,こちらの申請をお願いします。)

 ✦詳細は事業企画書の事前審査をご覧下さい。 

 

1景(喫緊の地域課題とは)

少子高齢化による社会の変化等を原因とした喫緊の地域課題が増加し,今後ますます深刻化が予想されています。

喫緊の地域課題とは,支援を必要としている方達に,既存の制度等では必要な支援がなかなか届かないような課題です。例えば,独居高齢者の見守り,居場所づくり,移動困難者の支援,子育て支援,子ども食堂,防災対策等が喫緊の地域課題として挙げられます。

喫緊の地域課題の解決には,行政だけでなく,地域レベルで支援を必要としている方達に対して直接支援を行うことが不可欠です。

 

2 事業概要

茨城県提案型共助社会づくり支援事業は,喫緊の地域課題の解決に向けた取組を実施しているNPOや企業等に事業提案をして頂き,良い提案について,市町村と連携して助成を行う事業です。

 

(1)助成の対象となる事業者

NPO(NPO法人,ボランティア団体,公益法人,自治会等),企業等

※任意団体や株式会社等でも応募可能です。

 

(2)助成対象事業

喫緊の地域課題の解決を図るための社会貢献事業

メニューはなく,申請者から提案を頂き,助成条件を満たしている良い提案に対して助成金を交付します。

 

(3)助成額

1成単価(助成対象経費の総額)

50~500万円

※500万円を超える場合は,500万円を超える分は助成対象外

2担割合

ア.1市町村を区域県3分の1,市町村3分の1,助成事業者3分の1(※)

イ.広域又は県全域県3分の2,助成事業者3分の1

 

 

※県と市町村の助成対象経費に違いがある場合,県と市町村が必ずしも同額になるとは限りません。 

 

県と市町村で助成対象経費の考え方が違う場合(例)(PDF:33KB)

 

(4)助成対象経費の考え方

事業費及び初期経費を助成します。団体・法人の運営費等は助成対象外です。

県における助成対象経費の考え方の詳細はこちらから

(県と市町村の助成対象経費の考え方が違う場合があります。)

 

3 申請手続きについて

(1)茨城県提案型共助づくり支援事業助成金交付申請書の提出方法

1則として,「いばらき電子申請・届出システム」から申請してください。

https://s-kantan.jp/pref-ibaraki-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=10079(外部サイトへリンク)

なお,「いばらき電子申請・届出システム」のご利用にはユーザー登録が必要となりますので,申請前に以下のサイトで登録してください。

https://s-kantan.jp/pref-ibaraki-u/profile/inputUser.action(外部サイトへリンク)

2ンターネット利用環境のない方は,郵送又は持参にて下記まで申請書を提出してください。

〒310-8555
茨城県県民生活環境部女性活躍・県民協働課
水戸市笠原町978番6県庁12階北側

3請の概要,様式のダウンロードは以下のサイトからお願いします。

http://www.pref.ibaraki.jp/seikatsukankyo/josei/kenmin/teiangata_joseikin.html

4種要項は以下からダウンロードして下さい。

茨城県提案型共助づくり支援事業パンフレット(PDF:118KB)

茨城県提案型共助づくり支援事業実施要綱(R1.7.4改正)(PDF:145KB)

茨城県提案型共助づくり支援事業助成金交付要項(PDF:190KB)

令和元年度茨城県提案型共助社会づくり支援事業助成金募集要項(PDF:339KB)

令和2年度茨城県提案型共助社会づくり支援事業助成金募集要項(PDF:363KB)

 

5 事前に必ず,市町村市民活動担当課又は事業内容の担当部署に,既存の他の補助事業等に該当しないか,類似事業の有無等について調査・相談を行ってください。

 

よくある質問はこちらから

 

(2)市町村への助成金交付申請書の提出について

本事業は,県及び市町村が連携して助成を行う事業であるため,市町村にも助成金交付申請書の提出が必要です。

最初に県に助成金交付申請書を提出して頂き,審査した結果,採択の可能性のある事業提案について,市町村にも申請して頂くことになります。

市町村への申請書の提出時期については,県から連絡します。市町村での具体的な手続きについては,市町村に確認をお願いします。

 

4 申請後の手続きについて

(1)審査

県と市町村で調整をしたり,審査会をしたり,新規事業のため市町村での予算措置の問題もあるため,採択するまでに数か月かかる場合があります。

【参考】審査基準(PDF:76KB)

(2)助成金の支払い

審査会で選定された事業者に対し,交付決定通知書を通知します。

助成金の支払いは,原則として交付すべき助成金の額を確定した後に支払うものとしますが,必要があると認められる経費については,交付決定後に交付決定額の90パーセント以内の範囲で概算払することができます。

(3)実績報告等

事業は年度末(令和元年度事業は令和2年3月31日)までに完了して下さい。(翌年度以降の事業も採択されれば,最大5年まで継続して事業を実施可能です。)

また,助成事業が完了した日若しくは中止又は廃止の承認を受けた日から起算して30日を経過した日又は当該年度の3月31日のいずれか早い日までに実績報告書の提出が必要です。

 

各種手続きの詳細はこちらをご覧下さい。

 

関連リンク

茨城県提案型共助社会づくり支援事業助成金交付申請

茨城県提案型共助社会づくり支援事業助成対象経費の考え方

茨城県提案型共助社会づくり支援事業各種手続き

茨城県提案型共助社会づくり支援事業よくある質問