ホーム > 茨城を創る > 商工業 > 高圧ガス・電気・火薬 > 産業保安室からのお知らせ > 冷凍・空調機器に自然冷媒を使用する場合の注意喚起について

ここから本文です。

更新日:2016年3月23日

冷凍・空調機器に自然冷媒を使用する場合の注意喚起について

 業務用の冷凍・空調機器に使用されているフロンガスを,自然冷媒ガス(プロパンガス等の炭化水素系ガス)に
入れ替える場合,事前に高圧ガス保安法に基づく許可又は届出が必要となる場合があります。
 また,自然冷媒ガス(炭化水素系のガス)は可燃性があり,ガス漏れ等が生じた場合,火災や爆発などの重大
事故が発生するおそれがあります。
 冷凍・空調機器に指定されている冷媒ガス以外のガスを使用すると,機械的な不具合や潤滑油の不良,故障の
原因となる場合がありますので,事前に冷凍・空調機器の管理会社又は製造メーカーにお問い合わせください。
 ご不明な点については,茨城県生活環境部防災・危機管理局消防安全課産業保安室までお問い合わせください。

可燃性ガスかどうか確認してください

 ほとんどのフロンガスは不燃性のため,フロンガスの冷凍・空調機器は防爆性能を有するものとなっておりません。
 このような冷凍・空調機器に可燃性の自然冷媒を使用すると,ガスが漏れた場合,爆発・炎上の恐れがあります。
 可燃性の自然冷媒を使用する場合,冷凍・空調機器の電気設備が防爆性能を有するものとなっているか,事前に
確認してください。

 

事前に設備の変更が必要となります

 フロンガスの冷凍・空調機器に,可燃性の自然冷媒を使用する場合,高圧ガス保安法に基づく機器に備えるべき
基準が変更になりますので,事前に下記の産業保安室までお問い合わせください。

 [変更となる基準]
 ・ガス漏えい検知・警報装置の設置
 ・消火設備(消火器等)の設置
 ・安全弁の放出管の設置など

 

冷凍保安責任者(国家資格)の選任が必要になります

 冷凍能力が20トン以上の冷凍・空調機器の場合,可燃性の自然冷媒ガスに入れ替えると,冷凍保安責任者(国
家資格)の選任が必要になります。

 このほか,潤滑油等の変更が必要になる場合もありますので,事前に冷凍・空調機器の管理会社又は製造メーカ
にお問い合わせください。


■本件に関するお問い合わせ先

茨城県 生活環境部 防災・危機管理局 消防安全課 産業保安室
〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6
電話番号 029-301-3594
FAX番号 029-301-2887

一般社団法人日本冷凍空調工業会
〒105-0011 東京都港区芝公園3丁目5番8号(機械振興会館内)
電話番号 03-3432-1671
URLhttp://www.jraia.or.jp/(外部サイトへリンク)

このページに関するお問い合わせ

防災・危機管理部消防安全課産業保安室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3594

FAX番号:029-301-2887

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?