ホーム > 茨城を楽しむ > 観光情報 > いばらき観光マイスター

ここから本文です。

いばらき観光マイスター

 

新着情報

  •  観光マイスターロゴマークの提供について New!
  • 「いばらき観光マイスター研修会」を開催いたしました。
     詳しくは、こちら(外部サイトへリンク)をご確認ください。   

 

  

<観光マイスターロゴマークの提供について>

 名刺や各種広報媒体への掲載など、ロゴマークの提供をご希望の方は、「届出書」をご提出ください。 ※ Eメールにて、データでのお渡しとなります。

  観光マイスターロゴマーク使用要領(PDF:130KB)

 届出書(ワード:18KB)

 

 ○提出先:茨城県営業戦略部観光物産課 観光戦略担当
      kanbutsu1@pref.ibaraki.lg.jp

 

 

<観光マイスター用卓上パネルの配付について>  

 施設の受付等に設置していただける方は、ぜひご連絡ください。 詳細はこちら

 

 

<観光マイスターポータルサイトについて>  

 観光いばらきホームページ内において、観光マイスター関連情報を発信しておりますので、ぜひご覧ください!! 

  「いばらき観光マイスター」ポータルサイト(外部サイトへリンク)  

 

 

<観光マイスター メールマガジンについて> 

 観光マイスター関連情報の配信をご希望の方は、ぜひご登録ください!!

  「いばらき観光マイスター」メールマガジン登録(外部サイトへリンク)

 

 

   

 いばらき観光マイスター制度とは?

 茨城県では、県民が一体となって、「おもてなし日本一」を目指し、平成26年11月に「いばらき観光おもてなし推進条例」を施行しました。「いばらき観光マイスター」制度とは、条例を踏まえ、県民一人ひとりの観光知識や接遇スキルの向上を図るため、試験を実施した上で、県が「いばらき観光マイスター」を認定する制度です。 

 いばらき観光おもてなし推進条例(PDF:1,279KB)

 

 認定区分

観光マイスター
 県を代表する観光地や地元ならではのグルメなど、観光案内をする上で、十分な知識と接遇マナーを持っていること。

観光マイスターS級
 十分な観光知識に加え、おもてなしの心による高い接遇スキルを持っていること。
※合格者は、県知事からの表彰を受けるとともに、県で積極的にPRするほか、イベント等においておもてなし実践の手本として活動していただきます。

 

観光マイスター認定者数

 

平成27年度

平成28年度

平成29年度

累計

観光マイスター

282名

294名

248名

824名

観光マイスターS級

47名

61名

73名

181名

 

試験内容

観光マイスター
 いばらき観光マイスターガイドブックから出題する筆記試験(全50問、4択式)

観光マイスターS級
 面接試験による接遇試験
 ※観光マイスター認定試験(筆記試験)の合格者を対象とした試験

 

 茨城県が「おもてなし日本一」と呼ばれるためには、本県を熟知し、その魅力を余すことなく伝えられる観光マイスターの存在が必要不可欠です。茨城県が大好きな方・茨城県を盛り上げたい方は、是非とも観光マイスター認定試験に挑戦してみてください。

  

平成29年度 認定試験について

【筆記試験】

 平成29年10月22日(日)試験問題(PDF:2,152KB) 試験解答(PDF:69KB)
 平成29年10月27日(金)試験問題(PDF:2,174KB) 試験解答(PDF:69KB)

 いばらき観光マイスター認定試験(筆記)の合格者について(プレスリリース)(PDF:192KB)

 

【S級試験(面接試験)】

 
平成30年2月2日(金)及び4日(日)に実施しました。
 合格者番号等の試験結果は、「観光いばらき」ホームページにて公表しています。
 筆記及び面接試験を受験いただいた皆様、誠にありがとうございました。

いばらき観光マイスターS級認定試験の認定者について(プレスリリース)(PDF:200KB)