ここから本文です。

更新日:2018年9月11日

下水道ってなに?

下水道のはたらきって?

汚れた水を衛生的に処理する

家庭や工場・学校などから出る汚れた水は,下水道管の中を通って下水処理場まで運ばれ,処理場できれいになって川や湖に放流されます。このように,下水道は蚊やハエの発生を防ぎ,伝染病の予防や衛生環境の向上に役立っています。 汚れた川の様子

川や街がきれいになる

 

きれいな川の様子 汚れた水(生活雑排水など)が直接川へ流れ込むことがなくなるので,下水道は澄んだ美しい川によみがえるのを助けます。

雨水を速やかに排除する

雨水だけの排水管により,雨水を直ちに流すことによって,他より土地の高さが低い場所の浸水や水たまりをなくし,土地の有効利用・道路の保全などにも役立っています。

水洗トイレを使えるようにする

くみとり式のトイレにかわって,衛生的で快適な水洗トイレが設置できるようになります。 きれいな水洗トイレの様子

汚れた水の再生と利用

水質検査の様子 汚水処理場で処理されてきれいになった水は,洗浄用水や工業用水として利用できるので,地下水のくみ上げ抑制にも役立ち,地盤沈下を防止することにもつながります。

出典:霞ケ浦湖北流域下水道の概況(茨城県)

流域下水道ってなに?

普通,下水道は市町村ごとに処理場を設けていますが,「流域下水道」では河川や湖沼などの流域で分けた複数の市町村がまとまり,それぞれの市町村が整備している家庭などから出る汚れた水を集めるための「流域関連公共下水道」の先から汚水処理施設まで汚れた水を運ぶ下水道管と汚水処理施設の設置と管理を県が行っています。なお,流域下水道は複数の市町村が集まればどこでも出来るわけではなく,「緊急に水質汚濁を防止,保全する必要がある公共用水域に係る地域」と限定されています。

流域下水道の効果

  1. 流域内の下水道整備を一体として行うことにより水質保全を効率的に図ることができる。
  2. 汚水処理場の数を減らして,適切な立地場所を選定することにより,下水処理に必要な用地面積を全体として節約することができる。
  3. 流入する下水量及び水質が平準化され,安定した処理水質をえることができる。

また,公共ますから流域下水道管渠に汚水を集める管渠を公共下水道事業として,関連する市町村が建設維持等の管理を行います。

下水道の管渠

出典:霞ケ浦湖北流域下水道の概況(茨城県)

 

下水道にはどんな種類があるの?

国土交通省が所管する下水道の種類は下図のように分類され,またこの他にも環境省や農林水産省が所管する類似施設があります。

下水道の種類と分類

出典:よみがえる水(茨城県)

下水道の類似施設(建築基準法上のし尿浄化槽)

  • 地域し尿処理施設(コミュニティプラント)[環境省]
  • 合併処理浄化槽[環境省]
  • 農業集落排水施設[農林水産省]
  • 漁業集落排水施設[農林水産省]

 

このページに関するお問い合わせ

土木部流域下水道事務所総務課

茨城県土浦市湖北2丁目8番1号

電話番号:029-823-1621

FAX番号:029-823-1626

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?