ここから本文です。

更新日:2017年11月17日

6.マスコミ

[1]学界・法曹界 [2]実業界 [3]料理界
[4]芸術・文化 [5]スポーツ界 [6]マスコミ
[7]各種団体等    

 

  • メッセージ・近況につきましては,メッセージ等をお寄せいただいている方のみ掲載しています。

氏名/ふりがな

勤務先・役職・メッセージ等

相川梨絵
あいかわりえ
フリーアナウンサー
赤津大路
あかつたいろ
コミュニケーションプロデューサー
安藤節子
あんどうせつこ
「食べもの文化」編集長
株式会社芽ばえ社
海老沢勝二
えびさわかつじ

元日本放送協会会長
学校法人大隈記念早稲田佐賀学園副理事長
茨城県人会連合会会長

日本赤十字社常任理事
一般社団法人日本ゴルフツアー機構名誉会長
潮来市名誉市民

公益法人 日本相撲協会評議員

 

わがふるさと茨城は,水陸の物産に恵まれた豊かな国です。
私たちは,先人が営々と築いてきた,すぐれた伝統文化を継承すると供に,助け合いと思いやりの心をもって新しい文化を創造していきましょう。

太田英明
おおたひであき

文化放送アナウンサー

 

FM91.6,AM1134で,平日13時から15時30分にお届けしている文化放送「大竹まことゴールデンラジオ!」。木曜日のアシスタントの私,太田英明,さらにレポーターや出演者は茨城出身者が多く,さながら茨城スペシャルでお届けしています。是非聴いてみてください。

北村森
きたむらもり

商品ジャーナリスト
元「日経トレンディ」発行人兼編集長

 

いばらきイメージアップ大賞の審査に第1回から参加し,毎年,茨城県の奥の深さを実感しています。仕事柄,私のなすべきことは,茨城県が生んだ製品・サービスを広く紹介することにあろうかと思います。県産品のもつ実力を,よりつぶさにチェックしていきたいと考えております。

小岩井忠道
こいわいただみち

科学技術振興機構ポータルサイト編集長

 

昔に比べると茨城県のニュースは大幅に増えたと思いますが,もっと報道されてよいことは多いはずです。県外からも応援します。

小松崎和夫
こまつざきかずお
元報知新聞社社長
塩幡一二
しおはたいちじ

株式会社Aセンチメートル代表取締役社長

 

茨城県の観光・物産品について,中国,アジア各国でのPRを強化したいと存じます。

田村敬
たむらたかし
株式会社フジテレビジョンネットワーク局長
鶴田卓彦
つるたたくひこ

元株式会社日本経済新聞社社長
元横綱審議委員会委員長

「歴史と文化の古里」いばらき
(常陸国風土記)

野村邦丸
のむらくにまる
文化放送アナウンサー
富永武司
とみながたけし

一般社団法人大阪倶楽部社員
つくばね新聞編集長

 

関西茨城県人会の機関紙”つくばね”の編集長を担当して5年目になります。つくばねは年二回発行なので「編集後記」も十回以上の掲載となります。県人会が会員の懇親を深める趣旨で今年三月,堺へ日帰り旅行を実施しました。堺と言えば千利休です。

そこで第74号発行の小冊子連載「編集後記」で利休を取り上げてメッセージにしたいと思います。

深尾凱子
ふかおときこ

元埼玉短期大学教授
元茨城県女性プラザ館長

 

いばらきは私の第2の故郷です。

渡辺広之
わたなべひろゆき

株式会社電通ビジネス・クリエーション・センター スペシャリスト

東京都市大学特別教授

 

多様な魅力を持つ「いばらき」にようやく時代の風が吹き始めました。日本,アジア,世界に向けて「IBARAKI」ブランド発信強化 GO!ですね。

 

このページに関するお問い合わせ

知事直轄広報広聴課広聴・相談

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2140

FAX番号:029-301-2169

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?