ここから本文です。

更新日:2017年6月15日

河原子港

 

~漁業と観光に活躍が期待される河原子港~

 

河原子港全景

河原子海水浴

 

 

河原子海岸2

河原子港は、海岸から突出している烏帽子岩と、その東及び南に散在する磯によって囲まれていることから、昔から地元漁船の溜まり場として利用されていた。しかし、外波の侵入が多く荒天時には漁船の停泊が困難であるため、大正6年に護岸兼用の船揚場を築造し、その後防波堤の整備に着工、昭和8年には小規模ながら港の形態が整った。その後、昭和31年に港湾法に基づく地方港湾に指定された。
その後、地元関係者から海岸レクリエーションの核として整備するよう要望され、これを受けて昭和54年防波堤、物揚場、臨港道路などの整備を内容とした港湾計画を決定した。昭和55年から本格的な港湾建設に入り、昭和62年には、烏帽子岩周辺の公園の整備、平成3年には遊歩道等の整備に着手した。平成19年度までに、北浜地区・南浜地区は完了している。

 

港湾施設

港湾施設表

バック

このページに関するお問い合わせ

土木部茨城港湾事務所日立港区事業所

茨城県日立市久慈町1-3-21

電話番号:0294-52-4000

FAX番号:0294-53-5337

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?