ホーム > 茨城を創る > まちづくり > 住環境、県営住宅 > サービス付き高齢者向け住宅の登録・閲覧制度 > サービス付き高齢者向け住宅の登録申請方法及び登録基準

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

サービス付き高齢者向け住宅の登録(更新)申請方法及び登録基準

登録申請方法について

サービス付き高齢者向け住宅(以下、この頁で「サ高住」)の登録(更新)窓口

申請受付場所

茨城県庁20階住宅課

申請受付時間

8時30分~17時15分(12時~13時を除く)
※できるだけ事前に連絡のうえ、11時30分、16時30分までにお越し下さい。

サ高住登録(更新)の流れ

サ付住宅の登録申請等を行うにあたり、「事前協議」と「登録申請」が必要になります。※
市町村に対し計画概要を十分に説明したうえで、必要書類を用意し、県知事に事前協議を行ってください。事前協議が終了するとその旨の通知がされるので、その後登録申請を行ってください。
※「新規の登録申請」、「戸数の増に伴う変更届」を行う場合、事前協議が必要になります。

事前協議の流れについて(PDF:148KB)

必要書類等について

必要書類

事前協議の必要書類一覧はこちら(PDF:76KB)(正本1部、副本3部)

登録(更新)申請の必要書類一覧はこちら(PDF:75KB)(正本1部、副本2部)

【添付書類の作成、様式について】

・申請書は登録事務局申請者用ホームページ(外部サイトへリンク)にて作成してください。
・加齢対応構造等のチェックリスト、参考とすべき入居契約書はこちら(外部サイトへリンク)からダウンロードしてください。
・県の様式はこちらからダウンロードしてください。 

※サービスに関する事項については、茨城県保健福祉部健康長寿福祉課 地域ケア推進室のHPにて詳しい説明・様式等がありますので、こちらからお進みください。

申請手数料

・登録申請 : 10,000円
・登録更新 : 10,000円
手数料は茨城県収入証紙での納付になります。申請書に貼付の上ご提出下さい。
(茨城県収入証紙の購入・払戻し・交換方法はこちら)

申請に係るお願い

登録(更新)申請の適切で迅速な審査の為、次の点をお願いします。
・登録(更新)申請書及び添付書類は、上記登録申請書類一覧のとおりファイルに綴じて提出してください。
・目次やインデックスを付ける等のご配慮をお願いします。
・上記書類以外にも必要に応じて書類を求めることがありますのでご了承ください。
・登録更新(5年毎)については、原則3ヶ月前までには申請をしてください。


登録基準について

サ高住の法令で定める基準の概要

規模

(1)一戸あたりの床面積は原則25平方メートル以上
(2)居間、食堂、台所等が高齢者が共同して利用するため十分な面積を有する場合は18平方メートル以上

設備

(1)原則として、各居住部分が台所、水洗便所、収納設備、洗面設備及び浴室を備えたものであること
(2)共用部分に共同して利用するため適切な台所、収納設備又は浴室を備えることにより、各居住部分に備える場合と同等以上の居住性能が確保される場合は、各居住部分が台所、収納設備、又は浴室を備えたものであることを要しない。

加齢対応構造等(バリアフリー)

(1)床:段差がないこと
(2)廊下幅:78センチメートル(柱がある部分は75センチメートル)以上
(3)出入口の幅:居室・・・75センチメートル以上、浴室・・・60センチメートル以上
(4)浴室の規格:短辺120センチメートル以上、面積1.8平方メートル以上
  (一戸建ての場合、短辺130センチメートル以上、面積2.0平方メートル以上)
(5)住戸内の階段の寸法:T≧19.5、 R/T≦22/21、 55≦T+2R≦65  T:踏面の寸法(センチメートル)、R:けあげの寸法(センチメートル)
(6)主たる共用の階段の寸法:T≧24、 55≦T+2R≦65
(7)手すり:便所、浴室及び住戸内の階段には手すりを設置
(8)エレベーター:3階以上の共同住宅は、建物出入口のある階に停止するエレベーターを設置
※詳しくは国土交通大臣の定める基準(PDF:132KB)をご覧ください

入居者資格

(1)自ら居住する高齢者(60歳以上の者又は要介護・要支援認定を受けている者)
(2)(1)の者と同居する場合は以下の者に限る
 ・配偶者 ・60歳以上の親族 ・要介護、要支援認定を受けている親族

サービス

 以下の基準に適合する状況把握サービス及び生活相談サービスを提供すること
(1)次に掲げる者のいずれかが、夜間を除き、サ付住宅の敷地又は近接敷地内の建物に常駐しサービスを提供
 ・医療法人、社会福祉法人、介護保険法指定居宅サービス事業所等の事業者が登録を受けようとする者である(又は委託を受ける)ときは、当該サービス提供者
 ・それ以外の場合・・・医師、看護師、介護福祉士、社会保健士、介護支援専門員又はヘルパー2級以上有資格者
(2)常駐しない時間は、各居住部分に通報装置を設置して状況把握サービスを提供

契約

(1)入居契約が以下に掲げる基準に適合すること
 ・書面によること
 ・居住部分が明示されていること
 ・敷金、家賃等(前払金を含む)以外の金銭を受領しないこと
 ・入居者の合意なく居住部分の変更や契約解除を行わないこと
 ・工事完了前に敷金、家賃等の前払金を受領しないこと
(2)家賃等の前払金を受領する場合は、以下に掲げる基準に適合すること
 ・家賃等の前払金及び返還債務の金額の算定方法が明示されていること
 ・一定の期間内に、契約解除・入居者死亡により契約終了した場合、所定の方法により算定される額を除いた前払金を返還すること
 ・家賃等の前払金について、債務の銀行による保証その他国土交通大臣及び厚生労働大臣が定める必要な保全措置(PDF:103KB)を講じていること

その他

(1)その他基本方針(PDF:243KB)及び茨城県高齢者居住安定確保計画に照らし適切であること
(2)建築基準法に適合した建築物であること
(3)共用廊下の幅を、車いすの通行に支障がない幅として、片廊下の場合1.4メートル以上、中廊下の場合1.8メートル以上であることを推奨する

茨城県独自の登録基準

茨城県サービス付き高齢者向け住宅の登録に関する基準

茨城県では、平成30年3月に高齢者の居住の安定確保に関する法律(高齢者住まい法)に基づく「茨城県高齢者居住安定確保計画」の改定を行い、この計画に法令で定める登録基準に加え、茨城県独自の登録基準「茨城県サービス付き高齢者向け住宅の登録に関する基準」を定めました。
茨城県内(つくば市を除く)で登録を受ける場合には、法で定める基準に加え、県の独自基準(事前協議や規模の基準等)にも適合する必要があります。

茨城県サービス付き高齢者向け住宅の登録に関する基準

 その他

 ・茨城県高齢者の居住の安定の確保に関する法律施行要綱(PDF:223KB)

<根拠法令等>

 ・高齢者の居住の安定確保に関する法律(PDF:293KB)
 ・高齢者の居住の安定確保に関する法律施行令(PDF:98KB)
 ・高齢者の居住の安定確保に関する法律施行規則(PDF:194KB)
 ・国土交通省・厚生労働省関係高齢者の居住の安定確保に関する法律施行規則(PDF:178KB)
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部住宅課民間住宅・住宅指導

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4759

FAX番号:029-301-4779

保健福祉部健康長寿福祉課介護保険指導・監査

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3343

FAX番号:029-301-3348

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?