ホーム > 茨城で暮らす > 福祉・子育て > 高齢者福祉 > 旧軍人軍属・遺族援護等 > 平成29年度政府主催慰霊巡拝の実施について

ここから本文です。

更新日:2017年5月1日

平成29年度政府主催慰霊巡拝の実施について

平成29年度における政府主催慰霊巡拝につきまして、下記のとおり実施されます

 

実施地域名

実施予定時期

募集予定人員

概算所要額

申込締切日

備考(日程・概見図)

ハバロフスク地方

8月20日から8月29日(10日間)

15名

270,000円

4月28日

【別紙2】(PDF:249KB)

イルクーツク州

8月27日から9月5日(10日間)

15名

300,000円

5月12日

【別紙3】(PDF:68KB)

クラスノヤルスク地方

9月3日から9月12日(10日間)

15名

280,000円

5月19日

【別紙4】(PDF:73KB)

沿海地方(注)

9月24日から9月28日(5日間)

15名

未定

6月9日

【別紙5】(PDF:203KB)

中国東北地方

9月5日から9月14日(10日間)

15名

200,000円

5月22日

【別紙6】(PDF:178KB)

東部ニューギニア(1班)

東部ニューギニア(2班)

9月20日から9月27日(8日間)

20名

(1班)318,000円

(2班)358,000円

5月12日

【別紙7】(PDF:74KB)

インドネシア(1班)

インドネシア(2班)

10月4日から10月13日(10日間)

15名

(1班)360,000円

(2班)385,000円

6月5日

【別紙8】(PDF:68KB)

硫黄島(1次)

10月24日から10月25日(2日間)

100名

20,000円

6月30日

【別紙9】(PDF:58KB)

トラック諸島

10月26日から11月2日(8日間)

15名

338,000円

6月9日

【別紙10】(PDF:63KB)

硫黄島(2次)

2月20日から2月21日(2日間)

100名

20,000円

10月23日

【別紙11】(PDF:58KB)

フィリピン(1班)

フィリピン(2班)

フィリピン(3班)

2月14日から2月23日(10日間)

60名

(1班)220,000円

(2班)240,000円

(3班)300,000円

9月15日

【別紙12】(PDF:66KB)

マーシャル・ギルバート諸島(1班)

マーシャル・ギルバート諸島(2班)

 

3月3日から3月11日(9日間)

10名

(1班)350,000円

(2班)327,000円

 

10月19日

【別紙13】(PDF:71KB)

 

注)(沿海地方)につきましては、現在ロシア側と調整中であり、今後の調整結果によっては、訪問先や日程を追加する可能性があります。

実施時期・期間等は、相手国の都合等により変更することがあります。

概算所要額は、モデルルートを基にした場合における、おおよその目安としてお示しするものです。また、所要額の3分の1の額が補助金として支給されます。

募集結果による参加人数、行程、宿泊場所等により概算所要額を上回る額で確定することもあります。

別紙2から13はモデルルートであり、参加遺族に関係する戦没地点等により、慰霊巡拝地を決定しますので、実施地域内であればモデルルートに限らず広く参加希望を受け付ける予定です。

 

参加条件

遺族要件について

戦没者の配偶者、父母、子、兄弟姉妹、参加遺族(子・兄弟姉妹)の配偶者、戦没者の孫、戦没者の甥・姪です。

復員された方、復員されてから内地で亡くなられた方の遺族は認められません。

過去の参加者について

初参加となる遺族に優先的に参加していただく目的から、過去に慰霊巡拝に参加したことがある遺族については、過去5年以内(平成24年度以降)に参加している方は認めないものとします。

健康状態について

慰霊巡拝の実施地域につきましては、日本とは気候風土が異なるだけでなく、観光客が通常訪れないような地域もあり、長時間のバス及び列車の移動もあることから、通常の外国旅行よりも参加者の肉体的負担が大きいばかりではなく、現地の医療機関で適切な診療を受けることが困難な場合もあります。したがって、内定後には、健康状態が良好で航空機等による長途の旅行及び気候風土の異なる地域における旅行に耐えられること等を記載した医師の証明書を提出願います。

身体に一部不自由があり、介助者が同行することで参加可能になる場合については、介助者の同行を認める場合があります。

また、一定の障害等により障害手帳等をお持ちの方は、参加をお断りする場合があります。

年齢制限について

年齢は原則として80歳以下となっています。

81歳以上の場合は、内申書の健康状態の欄及び介助者の必要について自己申告願います。実施地域の特性と参加者の健康状態を考慮して対応します。

介助者について

高齢であること、不安であること、投薬でコントロールできる傷病などを理由とする介助者の同行は認められません。

医師の証明書等の提出書類により、介助者が同行しても、現地状況や既往歴等による健康状態によってはお断りする場合もあります

全日程の参加について

政府の代表という立場のもとに、単に親族の慰霊という目的だけでなく、実施地域で亡くなられたすべての戦没者又は抑留中死亡者の遺族代表として参加することから、全日程に参加していただくことになります。

結団式から解団式までは政府派遣団の一員として、規律ある団体行動ができる者であることが求められます。

内申書提出

参加を希望される方は、お住まいの市町村の援護担当部署に内申書を提出してください。

参加遺族代表者内申書(PDF:95KB)

参加遺族代表者内申書(硫黄島)(PDF:87KB)

参加遺族代表者内申書(中国東北地方)(PDF:40KB)

介助者内申書(PDF:26KB)

内申書・参考資料について

参加遺族代表者内申書に健康状態を自己申告していただきます。参加が内定した場合には、改めて当該巡拝参加に支障のない旨を記載した医師の証明書を提出いただきます。

介助を希望する者については、必ず参加遺族代表者内申書式の「介助者必要の有無」欄の有に○を付しその理由を明記し、公的機関発行の手帳(身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳)等を持っている場合には写しを添付してください。介助者については介助者内申書を提出願います

添付資料

戦没者の戸籍謄本、戦没者との続柄がわかる戸籍謄本、改姓されている方は現戸籍、旧ソ連及びモンゴルの抑留地域に参加される場合は、埋葬地のわかる書類。

中国東北地区友好訪中団について

参加者は、中国東北地区において戦死没した者の遺族に限られます。なお、一般邦人の場合には、昭和20年8月9日以後に中国東北地区で戦没した方の遺族が対象となり、また、軍人・軍属の遺族については、戦没年月日が昭和20年8月8日以前であっても参加いただけることとします。

中国東北地区における本事業に際しては、公衆の目につく屋外での現地慰霊は控えており、祭壇を設けて参拝、献花等を行う場合は公衆の目に触れないホテル内の一室で行います。

その他事項

現地での慰霊は、それぞれの埋葬地や戦没地点で行う個人慰霊と全員で行う追悼式の2回行うことになります。個人慰霊は、原則埋葬地・戦没地点、また埋葬地・戦没地点まで行けない場合はなるべく近い民間慰霊碑などの象徴的な場所で戦没地点の方角に向かって献花台等を設けて行います(硫黄島の場合は時間の制約があり献花台等は設けられません)。

希望する慰霊の場所がある場合は参加遺族代表者内申書の戦没地点の欄に記入していただきますが、具体的にどこで現地慰霊をするかは出発直前まで調整することもあり、また日程や現地事情の制約から必ずしも肉親の戦没地点・埋葬地で慰霊が行えるとは限りません。

参加申込遺族が少数(1地域あたり5名未満)である場合、巡拝を中止することがあります。

お問い合わせ

市町村所管担当課又は

保健福祉部長寿福祉課長寿企画・援護

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3337

FAX番号:029-301-3349

 

平成29年度における全国強制抑留者協会主催慰霊巡拝の実施について

全国強制抑留者協会では、旧ソ連領並びにモンゴル慰霊訪問(墓参)を実施しております。 

実施予定地

  • 沿海地方
  • ハバロフスク地方
  • アムール州
  • ザバイカリエ地方(旧チタ州)
  • イルクーツク州
  • クラスノヤルスク地方
  • カザフスタン共和国
  • タンボフ(モスクワ方面)

 

参加申し込みに関するお問い合わせ

一般財団法人全国強制抑留者協会(外部サイトへリンク)

〒102-0073

東京都千代田区九段北1-8-2

九段第二勧業ビル2階

電話番号:03-3261-6565

FAX番号:03-3261-6548

 

平成29年度における日本遺族会主催慰霊巡拝の実施について

日本遺族会では「戦没者遺児による慰霊友好親善事業」を実施しております。

この事業は、厚生労働省からの補助を受け実施しており、戦没者遺児に対する慰藉の一環として、慰霊追悼を行うとともに、現地の方々との友好親善を深めることを目的としたものです。

費用は参加費として10万円。平成23年度以前に参加され、5年を経過した方は2回目の応募ができます。

実施地域

  • 旧満州
  • 旧ソ連
  • モンゴル
  • 西部ニューギニア
  • マリアナ諸島
  • 東部ニューギニア
  • トラック・パラオ諸島
  • 北ボルネオ・マレー半島
  • フィリピン
  • ソロモン諸島
  • ミャンマー
  • 台湾・バシー海峡
  • 中国
  • ビスマーク諸島
  • マーシャル・ギルバート諸島

 

日程などの詳細に関するお問い合わせ

一般財団法人日本遺族会事務局(外部サイトへリンク)

〒102-0074

東京都千代田区九段南1-6-17

電話番号:03-3261-5521

FAX番号:03-3261-9191

お申し込みはお住まいの各都道府県遺族会事務局へ

一般財団法人茨城県遺族連合会

〒310-0805

茨城県水戸市中央2-7-37

狩野ビル2階

電話番号:029-221-4002

FAX番号:029-221-4005

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部長寿福祉課長寿企画・援護

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3337

FAX番号:029-301-3349

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?