ニセ電話詐欺

茨城県警察では、平成26年7月1日から振り込め詐欺に代表される「特殊詐欺」を、「ニセ電話詐欺」という名称にしました。

特殊詐欺は、身内(息子や孫)や大手企業の社員、警察官や裁判官などの公的機関の職員になりすました被疑者が被害者に対して「ニセ電話」をかけるなどして、対面することなく現金等をだまし取ろうとすることが特徴であることから、県民の皆様に分かりやすくするために「ニセ電話詐欺」という名称としました。

ニセ電話詐欺等に関する注意喚起チラシ

いろいろな詐欺の手口に関するポイントをかんたんにまとめたチラシです。
地域の回覧板や掲示板、各種会合などにお使いください。

このページのトップへ戻る

ニセ電話詐欺とは

ニセ電話詐欺は、

  • 身内を心配する家族の心を逆手に取り、多額の現金を振り込ませたり、宅配便などで送らせる。
  • 警察官等を装い、言葉巧みに暗証番号を聞き出して老後の資金を根こそぎだまし取る

などの 悪質な犯罪です。  
警察ではニセ電話詐欺を防止するために、下記のことを行っています。

  • 各家庭に対する電話、巡回連絡、各種広報誌などによる広報啓発
  • 金融機関ATM コーナーの警戒活動や犯行口座の迅速な凍結依頼

ニセ電話詐欺についての詳細は下記をご覧ください。

このページのトップへ戻る

ニセ電話詐欺(オレオレ詐欺など)相談窓口

このページのトップへ戻る

ニセ電話詐欺の被害統計・資料

このページのトップへ戻る

関連情報

茨城県警ホームページ内のこんな情報もいかがですか?
外部ホームページの関連情報

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

担当課:茨城県警察 ニセ電話詐欺対策室
連絡先:(代表)029-301-0110
(通報・相談窓口直通)029-301-0074 ※24時間対応