ここから本文です。

更新日:2018年3月8日

平成19年度茨城県国民保護訓練

県では,万が一大規模なテロなどが発生した場合に,迅速かつ的確に県民の方々の避難や救援活動が行えるよう県国民保護訓練を実施しました。

実施日

平成19年11月28日

内容

『TXつくば駅で国籍不明のテログループにより多量の化学剤が散布され,多数の死傷者が発生し,その後,つくば市内において化学剤の入った爆発物が発見される』という想定で,図上訓練と実動訓練を行いました。

訓練では,県庁に対策本部を設置して情報収集・伝達等の初動対応を行うとともに,国・つくば市及び関係機関と連携して各種の国民保護措置を実施しました。

また,現地となったつくば駅及び駅周辺においては,ボランティアの方々に協力を頂いて,消防・警察等の専門部隊による負傷者の救出・除染活動などを行いました。

 

訓練の写真

対策本部事務局の活動のようす(県庁災害対策室)

訓練の写真

消防機関による負傷者の除染活動(つくば市中央公園)

 

 

訓練の写真

陽圧式防護服着用の隊員による重傷者の救出訓練(TXつくば駅地下構内)

訓練の主な実施場所

図上訓練

茨城県庁,つくば市桜庁舎

実動訓練

TXつくば駅及び駅周辺

参加機関数及び参加人員

参加機関

約110機関

参加人員

約420人

このページに関するお問い合わせ

防災・危機管理部防災・危機管理課総務・危機管理

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2879

FAX番号:029-301-2898

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?