ここから本文です。

更新日:2017年6月1日

応援メニューについて

寄附お申込みの際に、応援メニューを下記の10つからお選びください

(1)犬猫殺処分ゼロを目指す取組

動物愛護意識の普及啓発などの取り組みにより、本県の犬と猫の殺処分頭数の合計は10年前に比べ約5分の1に減少しています。しかし、全国的にみると未だ高い水準にあり、平成27年度の犬の殺処分頭数はワースト2位となっています。
このような中、平成28年第4回茨城県議会定例会においても、議員提案条例として「茨城県犬猫殺処分ゼロを目指す条例」が制定されました。
茨城県では、このような状況を踏まえ、市町村や県獣医師会、ボランティア団体等の関係団体と連携を強化するとともに、動物愛護意識や適正飼養の普及啓発等を更に充実させ、犬猫殺処分ゼロを目指してまいります。
皆様からの寄附金は、「民間団体などが行う犬猫の殺処分頭数を減らすための取り組みに対する支援」や「市町村と連携して、地域が取り組む地域猫活動の支援」などに役立てていきます。

(2)働く親のための保育等人材確保

小さな子のいる親が安心して働けるように、子育て支援サービスを充実するため、保育士や幼稚園教諭の復職を支援し、保育・幼児教育人材の確保を図ります。

(3)こどもたちの教育環境の充実

茨城県独自の少人数教育を段階的に拡充し、県内すべての公立小中学校等で、「わかりやすく楽しい授業づくり」や「児童生徒に寄り添った決め細かな指導」の充実を図ります。
また,私立高等学校の生徒等が経済的理由によって教育機会を失うことがないよう、各私立高等学校が行う授業料・入学金減免事業に対して補助を行い、保護者の教育費負担の軽減を図ることにより、誰もが安心して学校に通える環境をつくります。

(4)がん対策の推進

茨城県では「茨城県がん検診を推進し、がんと向き合うための県民参療条例」に基づき、がんによる死亡者数を減少させ、がん患者とその家族を支援するとともに、がんに罹患した後も尊厳を保ちながら安心して暮らすことができる社会を実現することを目指して、がん対策に取り組んでいます。皆様からの寄附金は、県民のがん検診受診率向上のための取組み等に活用させていただきます。

(5)震災からの復興

茨城県では、東日本大震災に際し、寄附金等を原資とする「茨城県東日本大震災復興基金」を設置しています。皆様からの寄附金は、復興基金に積み立て、被災住宅の復興支援や被災中小企業への支援等の様々な復興事業の財源に充てさせていただきます。

(6)関東・東北豪雨からの復旧・復興

茨城県では、鬼怒川下流域を中心に大きな被害を受けた、平成27年9月関東・東北豪雨災害からの復旧・復興に取り組んでいます。皆様からの寄附金は、被災者への支援等の災害復旧対策・復興事業に充てさせていただきます。

(7)芸術・文化の振興

芸術・文化は、心の豊かさや活気に満ちた生活を創造するうえで大きな役割を果たします。
平成28年9月から11月にかけて開催した茨城県北芸術祭の成果を持続性のあるものとするため、交流イベントの開催や人材育成などに取り組むことにより、アートを活用した交流拡大や地域づくりを推進していきます。

(8)茨城国体・全国障害者スポーツ大会を応援

平成31年に第74回国民体育大会と第19回全国障害者スポーツ大会が茨城県で開催されます。
多くの県民がボランティアや花いっぱい運動など様々な活動で両大会に参加し、来県者の方々に対して、おもてなしの心でお迎えするとともに、すべての参加者が感動や喜びを共有できる大会を目指します。 

(9)農林水産物のブランド化

茨城県は、農林水産物の生産に適した地形と気候に恵まれ数多くの品目が全国上位の収穫量を誇ります。この豊富な農林水産物をより多くの消費者の方々に味わっていただくため、食の専門家を活用したブランド力の向上や、県内外のPRイベントや百貨店、料理店等でのフェアの開催など効果的な販売促進活動に取り組んでいきます。

(10)その他県政全般

上記9つの応援メニュー以外の、茨城空港における旅客の利便性向上のための設備整備や偕楽園公園の管理などさまざまな取組に活用します。

このページに関するお問い合わせ

総務部税務課税制

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2418

FAX番号:029-301-2448

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?