ホーム > 茨城を創る > まちづくり > 土木事務所・工事事務所 > 常陸大宮土木事務所 > 《道路改良事業》一般国道245号ひたちなか市・東海村4車線拡幅

ここから本文です。

更新日:2016年8月31日

《道路改良事業》一般国道245号ひたちなか市・東海村4車線拡幅

一般国道245号ひたちなか市・東海村4車線拡幅

国道245号は、水戸市を起点にひたちなか市、東海村を経て日立市に至る重要な幹線道路です。
慢性的な交通渋滞の解消、原子力災害関連の緊急避難道路、及びひたちなか地区開発の支援道路として、早期の4車線化が強く望まれている路線です。平成4年度から、常陸那珂港や国営常陸海浜公園が近接するひたちなか市工区において工事を進めており、平成21年度からは、併せて東海工区に着手し事業の進捗を図っています。

事業名 道路改良事業
路線名 一般国道245号ひたちなか市・東海村4車線拡幅
延長 L=15,060m
幅員 ひたちなか市W=25m/13m
東海村W=22m/13m
場所 ひたちなか市部田野~東海村豊岡
事業年度 平成4年度~
事業費 約138億円

 

東海工区

 

東海工区写真

一般国道245号線ひたちなか市・東海村4車線拡幅

ひたちなか工区

ひたちなか工区写真

事業計画

このページに関するお問い合わせ

土木部常陸大宮土木事務所道路整備課

茨城県常陸大宮市野中町3083ー2

電話番号:0295-52-3156

FAX番号:0295-53-4904

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?