高齢者講習等

高齢者講習は、運転免許証の更新期間の満了する日における年齢が70歳以上で免許証の更新をする方が対象となります。

更新手続きの前に下記の

  • 高齢者講習
  • 特定任意高齢者講習(簡易)
  • 特定任意高齢者講習(シニア)

のいずれかの講習を受講していなければ運転免許証の更新はできません

講習は県内の自動車教習所等で行っております。
受講期間は、更新期間の満了日の6か月前から受けられます。

(※)高齢者講習のお知らせ(はがき)が届きましたらすみやかに、ご希望の教習所で予約をしてください。

 高齢者講習実施教習所の予約状況について

なお、75歳以上の方は、下記の高齢者講習、特定任意高齢者講習(簡易)、特定任意高齢者講習(シニア)のいずれかの講習の他に、認知機能検査(記憶力・判断力の検査、検査時間30分、手数料650円)を受けなければなりません。
(認知機能検査と高齢者講習は別日に行われます。)

高齢者講習

高齢者講習を受けられる場所

県内の自動車教習所又は茨城県警察運転免許センター
(※)講習は予約制です。

高齢者講習の内容と手数料
運転免許証の更新期間の満了する日における年齢 認知機能検査
の結果
内容 手数料
70歳以上
75歳未満
(※) 認知機能検査はありません。
  • 講義(30分)
  • 運転適性検査器材の使用による診断と指導(30分)
  • 実車による診断と指導(※)(60分)
4,650円
(小型特殊免許のみ所持している方は2,000円)
75歳以上 記憶力・判断力に 心配がない
  • 講義(30分)
  • 運転適性検査器材の使用による診断と指導(30分)
  • 実車による診断と指導(※)(60分)
4,650円
(小型特殊免許のみ所持している方は2,000円)
記憶力・判断力が 低下している
  • 講義(30分)
  • 運転適性検査器材の使用による診断と指導(30分)
  • 実車による診断と指導(※)(60分)
  • 個別指導等(60分)
7,550円
(小型特殊免許のみ所持している方は4,300円)

(※)小型特殊免許のみ所持している方は、実車による診断と指導はありません。

認知機能検査とは

記憶力や判断力を測定する簡易な検査で、3つの検査項目について、筆記式で行います。認知機能検査は、自動車教習所又は茨城県警察運転免許センターで受けることができます。検査時間は約30分、手数料は650円になります。

(※)検査は予約制です。

検査項目は、次の3つです。

  • 時間の見当識
    • 検査時における年月日、曜日及び時間を回答します。
  • 手ががり再生
    • 16枚のイラストを記憶し、記憶しているイラストをヒントなしに回答し、さらにヒントをもとに回答します。
  • 時計描画
    • 時計の文字盤を描き、さらに、その文字盤に指定された時刻を表す針を描きます。検査終了後、採点が行われ、その点数に応じて、
      「記憶力・判断力が低くなっている方」、「記憶力・判断力が少し低くなっている方」、「記憶力・判断力に心配のない方」と判定が行われます。

検査の結果、「記憶力・判断力が低くなっている」との結果であっても、運転免許証の更新はできますが、警察から連絡があり、医師の診断を受けることになります。

認知症と診断された場合は、免許の取消し又は停止という行政処分の対象となります。

このページのトップへ戻る

特定任意高齢者講習(簡易)

チャレンジ講習に合格した方が受講するものです。
(※)チャレンジ講習に不合格の方は受講できません。

  • 講習時間及び手数料は、1時間1,500円

です。

講習内容は、講義・運転適性の指導等です。

チャレンジ講習とは

  • 普通自動車を運転できる免許をお持ちの方が受講できます。
  • 75歳以上の方は、講習予備検査の結果が、「記憶力・判断力に心配ありません。」となった方以外は受講できません。

講習時間及び手数料は、30分2,650円です。

講習内容は、コース内で普通自動車を運転し、技能試験に準じたテストを受けるものです。 不合格となった方は、再チャレンジまたは上記1の高齢者講習を受講することとなります。(再び手数料が必要となります。)

このページのトップへ戻る

特定任意高齢者講習(シニア)

本県以外で受講を希望される方が対象です。
受講したい方は受講したい都道府県の運転免許センターにお問い合わせください。

このページのトップへ戻る

関連情報

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

担当課:交通部運転免許センター 高齢者講習係 
連絡先:029-293-8811