ワークライフバランスの実現と女性職員の活躍推進に向けた取組

次世代育成支援対策推進法と女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づく取組

特定事業主行動計画

茨城県警察では、「次世代育成支援対策推進法」と「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」に基づく行動計画として、次のとおり『茨城県警察ワークライフバランス等の推進のための行動計画』を策定し、各種取組を推進しています。

計画期間 平成28年4月1日から平成33年3月31日(5年間)
数値目標 警察官に占める女性警察官の割合:12%程度
(平成33年4月1日までに)
女性職員の育児休業、男性職員の子育て目的の特別休暇取得率:毎年100%
職員一人当たりの年次休暇平均取得日数:年間12日以上
行動計画に基づく取組状況

行動計画に基づいて公表しています。

女性の職業選択に資する情報

女性の職業生活における活躍の推進に関する法律第17条の規定による情報の公表(PDF形式 95KB)

茨城県警察における具体的取組
イクボス宣言
イクボス宣言を掲げた幹部職員の集合写真

茨城県警察では、平成28年1月13日、幹部職員による「イクボス宣言」を実施しました。

警察本部長を始めとする所属長以上の幹部職員がイクボス養成講座を受講後、イクボス宣言書に署名し、警察本部長が幹部職員を代表して、

私は、職員が仕事と家庭を両立できる働きやすい職場環境をつくり、安全・ 安心を実感できる「いばらき」の確立に向けた職員一丸となっての取組を図 りつつ、自らも仕事と私生活を充実させる「イクボス」となります。

と宣言しました。

このページのトップへ戻る

女性が輝く茨城県警察

茨城県警察では、出産、育児、介護等、ライフサイクルの変化に直面した場合でも、家庭と仕事を両立させ、職員自身の能力を発揮できる勤務環境を整えるために、各種制度の整備や、それを安心して利用できる職場環境づくりを進めてきました。
現在も、多くの女性職員が各種制度を利用し、第一線で活躍しています。

女性警察官の仕事、育児支援制度、女性が働きやすい職場環境などの取組は、
茨城県警察採用案内 女性警察官の仕事
をご覧ください。

このページのトップへ戻る

関連情報

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

担当課: 警務部 警務課 
連絡先: 029-301-0110