ここから本文です。

更新日:2018年7月24日

涸沼でしじみを採るには

一般遊漁者のしじみ採取について

しじみ画像

涸沼でしじみを採るには

涸沼では漁業権を持つ大涸沼漁業協同組合が、一定のルールのもとで一般の方にもしじみを採ることを認めています。ルールを守ってお楽しみください。

平成30年のしじみ採りのルール

採取期間:平成30年7月28日(土曜日),7月29日(日曜日),8月4日(土曜日),8月5日(日曜日),                                               8月11日(土曜日),  8月12日(日曜日) 計6日間                                                                                                                          
採取時間:午前10時から正午までの2時間(各日)                            
採取料金:無料
採取方法:素手のみ(道具を使用して湖底をかく・掘り起こすことは認められていません)                         採取数量:現地にて漁協より配布されるネットに入る限り(3~5kg程度)
採取場所:下記地図に示す2箇所

①大涸沼漁業協同組合事務所前(東茨城郡茨城町下石崎)

②親沢公園(東茨城郡茨城町上石崎)

(但し、①、②とも「黄色の浮き」で囲まれた区域に限る)

※大涸沼漁業協同組合事務所前については,祭事のため,7月28日(土曜日)は開放されません。      

その他:しじみ採取の一般開放の詳細につきましては,大涸沼漁業協同組合ホームページ(https://oohinumagyokyo.jp(外部サイトへリンク))をご確認ください

以前に採取場所としていた大洗町松川漁港下流付近、鉾田市大谷川上流付近及び茨城町網掛公園付近について、今年度の遊漁者の方への開放はありません。

 採取地区地図 

制度のしくみ

しじみは漁業権の対象となっております

涸沼のしじみは、海におけるあわびやうにと同様に漁業権の対象となっており、漁業権を持つ
漁業協同組合員以外は自由にしじみを採ることはできません。
しかし、大涸沼漁協では、採取期間、採取場所等の決められたルールのもとで、一般の方にもしじみを採ることを認めています。

漁業権の対象となっている貝や魚については、漁業権をもつ漁協が資源保護・管理を行っています。
大涸沼漁協では、しじみの資源保護のため、漁業者の1日の漁獲量や漁獲サイズ(12ミリメートル以下のしじみは採らない)、操業時間等の制限を自らに課しているほか、しじみの種苗生産・放流や、湖岸・湖底の清掃などの環境保全活動を行っています。

道具を使ったしじみの採取は法令により禁止されています

道具を使ったしじみ採取は茨城県内水面漁業調整規則により禁止されており、これに違反してしじみを採った場合、法令により罰せられることがあります。

 

このページに関するお問い合わせ

農林水産部漁政課調整・漁船

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4080

FAX番号:029-301-4089

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?