トップページ > 調査・研究 > 調査研究の紹介 > 湖沼環境研究室

湖沼環境研究室

アオコの動態解明と処理技術に関する調査研究

霞ヶ浦では平成23年度にアオコが大発生し,悪臭による生活環境の悪化が生じました。アオコの発生については未解明な部分が多いため,発生・移動・集積の機構を解明し,アオコ予測モデルの開発を目指した調査研究を行います。

また,アオコが発生した場合に速やかに除去するための方策についても検討を進めます。

水質予測モデルの活用による浄化対策効果の検証に関する調査研究

湖内で生じている現象の解明や将来の水質予測,負荷削減対策の効果の検証を行うため水質予測モデルを活用した調査研究を行います。また,湖内で生じている現象のより詳細な解明を進め,水質予測モデルの精緻化を図ります。

農地からの汚濁物質の排出抑制手法に関する調査研究

霞ヶ浦の流域には水稲田やハス田等の農地が広がり,そこから流出した水質汚濁物質は,直接霞ヶ浦へ流入してしまいます。農業分野の研究機関とともに,汚濁負荷削減対策の効果を検証する調査研究を行います。

北浦流域の窒素の動態に関する調査研究

霞ヶ浦の一部である北浦では,近年,窒素濃度の上昇が認められ,その原因の一つとして,流入河川の窒素濃度の上昇が挙げられます。北浦流域の河川や地下水の水質調査を行い,流域内の窒素挙動をモデル化し,原因の究明に関する調査研究を行います。

水質変動の解明に関する調査研究

湖内の水質等を定期的・継続的に把握し,各種研究の基礎データとして利活用する他,近年の水質変動の解析を行います。

また,環境基準項目への追加が検討されている底層溶存酸素濃度や沿岸透明度についても知見の集積を図り,水質変動に与える影響を検討します。

涸沼・牛久沼の水質保全に関する調査研究

涸沼・牛久沼については,水質保全計画に基づく対策の効果検証や水質等のデータの蓄積を行います。また,涸沼は汽水湖であることから,潮汐が湖内水質へ与える影響について,牛久沼は水深の浅化など物理的変化についても調査を行います。