更新日:2020年12月1日

ここから本文です。

結城警察署からのお知らせ

 110番を正しく使いましょう

警察では1月10日を『110番の日』と定め110番通報を適切に利用し、緊急の対応を必要としない相談等の電話には専用の「#9110(シャープきゅう・いち・いち・まる」を利用するよう呼びかけています。

「#9110(シャープきゅう・いち・いち・まる」等を利用して下さい

「110番通報」は事件・事故等の緊急の対応を必要とする方のためのダイヤルです。緊急の用件以外での110番利用は、ときに緊急通報の妨げとなることもあります。

緊急ではないけど警察に相談したい、そんなときには24時間受付の警察相談ダイヤル「#9110(シャープきゅう・いち・いち・まる」や各種相談ダイヤルを利用してください。

110番通報6つのポイントをご紹介

  • 事件ですか、事故ですか?
  • それはいつのことですか?
  • 場所はどこですか?
  • 犯人はみましたか?車のナンバーは?(人相や逃走方向、車の車種など)
  • 現場はどうなっていますか?(ケガをした人はいますか?)
  • あなたのことを教えてください(通報された方のお名前、住所、電話番号など)

こんな時は迷わず110番!!

  • 不審な電話…それは詐欺かも! 
  • 子どもへの声かけ…子どもが被害に遭うかも!
  • 児童虐待…あなたの助けを待っているかも!
  • 高齢者の徘徊…ご自宅が分からなくなっているかも!
  • 飲酒運転などの危険運転情報…悲惨な事故を未然に防ぐために!
関連情報110番は緊急通報ダイヤル

ページの先頭へ戻る

茨城県警察官採用案内

茨城県警察官採用案内の詳細については,茨城県警察官採用案内ホームページをご覧下さい。

茨城県警察個別セミナー(随時開催)

警察官や警察行政職員の採用試験の受験を考えている方や仕事内容に興味がある方を対象に、個別セミナーを開催します。
セミナーの場所は県内各警察署だけでなく、茨城県警察本部でも対応出来ますので気軽にお申込みください。

詳細は、茨城県警察個別セミナーのページをご確認ください。

(※)警察署での個別セミナーを御希望の場合、対応できる開催日時が各警察署によって異なることがありますので御了承願います。

巡回連絡のご理解とご協力を

「こんにちは、○○交番です。巡回連絡にまいりました。」
みなさんは、こうした警察官のご挨拶に聞き覚えはありませんか。
警察では、地域の安全・安心を実感できる生活を守るため、巡回連絡を積極的に行っています。

巡回連絡とは

巡回連絡とは、交番・駐在所にいる制服を着た警察官がみなさんのお宅を訪問し、

  • 身近で起きた事件・事故に関する情報提供やそれらに遭わないための防犯アドバイス
  • 万が一犯罪や事故に巻き込まれたときの緊急連絡先や連絡方法
  • 日頃から不安に感じていることや困りごと、警察に対するご意見・ご要望

などについて、お知らせをしたり伺ったりする警察活動です。

身の回りで困ったことや気になることはありませんか

巡回連絡では、お住まいの地域で最近発生している事件・事故についてお知らせをし、そうしたことに巻き込まれないようにアドバイスをしています。

みなさんも、

  • 夜遅くに外を徘徊している不審な男がいる
  • 近所に泥棒が入ったが、うちにも入らないか心配だ。
  • ××の交差点は、一時停止の標識を無視する車が多くて危険だ

など、何か困ったことや不審に思ったこと、心配事などがありましたら、巡回連絡にきた警察官にご相談ください。

連絡カード記載のご協力を

巡回連絡では、みなさんに連絡カード作成のご協力をお願いしております。

連絡カードにはご家族のお名前や緊急連絡先などを記載しています。

これは、みなさんのご家族の構成を伺った上で各世帯ごとにあった防犯アドバイスなどを行うためのほか、

  • みなさんが事件・事故に遭遇した際などに、ご家族の方へいち早く連絡するため
  • 大災害などが起きた際に、警察でご家族の安否を確認するため
  • 自宅や別宅を留守にしている間に、泥棒などの被害に遭ったときのため

など、非常時の際に使うためのものです。

連絡カードに記入した個人情報が心配...

みなさんの大切な個人情報が書かれた連絡カードは、他人に見せたり業務以外で使うことは絶対にありませんのでご安心ください。
巡回連絡について分からないこと、不安に思うことがございましたら、結城警察署又はお近くの交番・駐在所までご連絡ください。
みなさんのご理解とご協力をお願いします。

ランニングポリス無事に終了

 

令和2年2月16日に行われた第20回結城シルクカップロードレース大会で、大会が安全安心に行われるように、「ランニングポリス」を実施しました。
昨年に引き続き、海外での爆弾テロ事件や近年の情勢等を踏まえ、通常の交通規制や雑踏警備に加えた取組として、「ランニングポリス」を導入したものです。
トライアスロンの経験者など女性警察官2人を含む10人以上で編制し、2人1組でランナーと並走、結城消防署の救急救命士で編成された「ランニングファイアーマン」と連携した対策を推進して、ランナーや沿道で声援を送る市民の安全を確保しました。

ランニングポリスの走行写真ランニングポリスの走行写真2

ページの先頭へ戻る

飲酒運転をなくそう!!

「飲酒運転根絶宣言の店」運動推進中!

当署では、飲酒運転の根絶に向けた取組として、「飲酒運転根絶宣言の店」運動を推進しています。

本運動は、警察が宣言店の取組に対する協力を行い、宣言店が

  • 公共交通機関の時刻表、運転代行などの連絡先の掲示
  • ハンドルキーパー確保の呼び掛け

等を行うことにより、「飲酒運転をしない、させない」という県民の規範意識の確立を図るものです。

平成31年3月1日から本運動を開始し、令和元年12月31日現在、市内8店舗の酒類提供飲食店と「飲酒運転根絶に関する覚書」を締結しています。

「飲酒運転根絶宣言の店」一覧(五十音順)

  • 癒ごこち家arare
  • 芋豚物語とん結城店
  • 海鮮すし問屋粋亭
  • 海鮮料理はなの舞結城店
  • 割烹翠泉
  • 金太郎ラーメン
  • しゃぶしゃぶ温野菜結城店
  • 庄や結城店

自動車盗に注意!

令和元年10月末現在、結城警察署管内の自動車盗認知件数が15件(前年同期比+3件)と増加しています。
被害車両は、ランドクルーザー、クラウン、レクサス、トタクター、小型特殊車両などで、乗用車ついては車内にキーが無い状態で被害に遭っています。施錠をしていても、安心はできません!

最近は、県外で『リレーアタック』という車両盗難の手口が確認されています。
リレーアタックは、特殊な受信機を使ってスマートキーから出ている微弱な電波を拾って増幅させ、受信機を中継点として、自動車へ発信してロックを解除する手口です。
リレーアタック対策として、スマートキーを

  • アルミ缶やスチール缶に入れて電波を遮断する(隙間があると電波を受信されてしまう可能性があるため注意)
  • 電波遮断ポーチ・キーケースに入れて電波を遮断する
  • スマートキー節電モードにする

などがありますので、まずはアルミ缶に入れる、電波遮断ポーチ・キーケースを使うなど、すぐに対策できることから始めてください。

あなたの愛車は常に狙われています。
不審者や不審車両を見かけた時は、すぐに結城警察署に御連絡ください。

(※)自動車盗や凶悪事件の発生時等においては、被害拡大を防ぐために、いち早く「ひばりくん防犯メール」による情報提供を行っていますので、登録をお願いします。

ひばりくん防犯メール登録案内のページ

農作物の盗難事件の発生

結城警察署管内で、11月中に果樹園からキウイフルーツなどの果実が盗難に遭う事件が発生しています。犯人は、昼夜を問わず、管理人が不在の時間帯を狙って、無施錠の倉庫やフェンスを上るなどして侵入し、成果物を盗んでいきます。

被害防止のために、次の防犯対策をしましょう。

  • ビニールハウスや倉庫、果樹園に施錠設備や柵等を設置し、見た目に侵入しにくくする。
  • 「立入禁止」や「防犯カメラ作動中」等のステッカーや看板等を見えやすい場所に設置する。
  • 音の出る警戒センサーや防犯カメラの設置をする。

被害に遭ってしまった際には、すぐに警察に通報してください。

広報『絹の糸』結城市居住の外国人のみなさんへ

広報:絹の糸

事件事故

事件・事故にあったときや目撃したとき:電話番号110
被害の未然防止など警察への相談:電話番号#9110
結城警察署でも事件・事故・相談を受け付けています。
結城市大字小田林1317番地1/結城警察署/電話番号0296-33-0110

生活全般の相談

法律・在留資格・労働・婚姻・教育その他生活全般の相談については外国人相談センターで相談することができます。電話や面接で相談でき、言語別での相談も可能です。
公益財団法人茨城県国際交流協会外国人相談センター
〒310ー0851/茨城県水戸市千波町745番地ザ・ヒロサワ・シティ会館分館2階/電話番号029ー244ー3811

結城市役所の行政通訳窓口

市役所庁舎内での手続や申請のための通訳窓口があります。
対応言語は、英語・ポルトガル語・スペイン語です。
通訳可能日:毎週月・火・金(祝日はやらない)
通訳可能時間:午前8時30分から午後0時、午後1時から午後5時
結城市大字結城1447番地/結城市役所
電話:0296ー32ー1111

反射材用品等を着用しよう!

トワイライト・キラリ作戦

トワイライト・キラリ作戦の実施状況

結城警察署では、関係団体とともに高齢者の交通事故防止対策として、定期的に夜間の交通事故防止に効果的な反射材用品等の着用促進を図る目的で、キャンペーン「トワイライト・キラリ作戦」を実施しています。

その一環として、令和元年5月13日(月曜日)午後5時ころから結城市結城地内ヨークタウン・アクロスプラザ結城店敷地内において、今年、BCリーグに新規加入したプロ野球チーム「茨城アストロプラネッツ」の大竹凌大選手、寺嶋一也選手と球団マスコットキャラクター「アストロマン」という”キラリ”と光る助っ人を迎え、「キラリ大作戦」と題し、市民の方にチラシや反射材用品等の啓発品を配布するなどして、反射材用品等の着用を呼びかけました。

反射材用品等を身に着けていれば防げる事故があります。
夕暮れ時や夜間には、反射材用品等の着用をお願いします。

窃盗事件の被害に遭わないために

窃盗事件被害に遭わないために、次のことに心掛けて下さい。

  • 外出時の近所への声掛け・監視カメラを設置する
  • センサーライト、チャイムを設置する
  • 防犯フィルムの貼付、ドアロック、車内にバッグを放置しない
  • 多額の現金は自宅内に置かない

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。